やっとTDSに向けて準備開始しました

慣れとは良いことも悪いこともあります。
昨年出場したCCCのおかげで、
余裕ぶっこいて悠長に構えていたら、気がつけば大会まであと2週間!( ;´Д`)
とりあえず持っていくものだけ出しておこうと思い、お盆休みに必携品を出してみました。

TDSの準備

必携品で昨年と違うところは無いのですが、
今回、区間距離が長く天候次第では水分が足りなくなる可能性があるので、
750mlを2本持っていくことにしました。

今回の補給食

それから補給食ですが今年はこんな感じです。
TDSはデポバックが認められているので、
同量をデポバックに入れておくことにしました。
あとは、TDSに参加した方のブログなどを読むと、
長い下りで(最長15キロ!)胃が揺さぶられて、食べられなくなる危険性があるので、
ハニースティンガーを水に溶かして飲むことを考えています。
これ、先日やってみてすごく美味しかったので、
行けるんじゃないかなぁ〜と思っています。
それからレトルトのおかゆをデポバックに忍ばせることにしました。

コースもCCCに比べるとずいぶんと険しそうなので、
何が起こるかわかりません。
しかも、制限時間が結構タイトなので、
最悪34時間の追いかけっこになるかも( ;´Д`)

それだけは避けたいのですが、天候や体調の変化でどうなるかわかりません。
今日からアルコールとカフェイン絶ちをし、
体調を整えることを最優先に大会を迎えようと思います。

今回は不安要素がおおいです

それから旅費をケチったばかりに大変なことに今頃気が付きました。
今回は福岡空港→大連→北京→ジュネーブという空路をエアチャイナで行くのですが、
調べてみるとこのエアチャイナ、遅延が多いそうなのです。
予約したときは安かったし、
北京首都国際空港もそんなに悪くなさそうだし、
なんと言っても福岡から時間が短く「これでいいじゃん!」って気軽に決めたのですが、
大連では一度降りて、国内線の客と一緒にまた乗り直すのだとか!
もちろん、入出国手続きをしなければなりません。
しかも、大連→北京の国内線ではなかなかうるささを覚悟しておいたほうがいいとか、
とにかくいろいろと皆さんの武勇伝を読むとちょっとブルーになってきました(^_^;)

それから北京首都国際空港はとにかく入国審査に時間がかかるそうで、
タイミングが悪いと2時間ほど見とかないといけないらしいそうで、
行きの便はトランジットに余裕があるので大丈夫ですが、
帰りの便は2時間30分ほど。
遅延が起きるとごった返している中、
自分でゴリゴリ押しながら前に行かないと、
空港職員は何もしてくれないのだそうで、
もう、帰りのこと考えるだけでブルーになってきました( ;´Д`)
エアチャイナや大連での乗り継ぎ、北京首都国際空港のことなど
知っている人がいたら何でもいいので教えてください!!

まぁ〜その前に大会で完走できるのかっていう心配もありますが、
なんとか頑張ってきます!

この記事を書いた人

tegecat

Webや動画の製作、PCに関することを仕事にしています。また、トレイルランニングや野菜づくり、料理なども楽しんでいます。