カントリーコースから渡船経由で高塔ー石峰山グリーンパークまで

ラン友のSWMさんと今度どこ走りに行こうか?って話していた所、
カントリーコースだけじゃ距離が少ないから、
もう少し距離を伸ばそうとあれこれ考え、
戸畑渡し場から渡船で若松へ渡り、
玄海遊歩道からわが家ゴールで風呂入って帰るってのはどう?
っていう話がそもそものスタートでした。

で、二人じゃなんだからFacebookで呼びかけたら、

採銅所からスタートしました

あと二人引っかかってくれました(≧∇≦)
参加してくれたのはKWHさんとわざわざ山口からASHくん。
本当にありがとうございます!

日田彦山線、採銅所駅に最初に到着する列車に乗り合わせスタート!
皆さんご存じかと思いますが、
知らない人のために書いておくと、
日田彦山線はICカードは使えませんので、
切符を買って乗ってくださいね(^_^;)

カントリーコースの入り口

普段カントリーレースのスタート地点からトレイルなのですが、
工事が行われていて途中こんな感じでした。
実際のカントリーレースのスタートは、
もう少し上がった所から行われたそうです。

平尾台方面

当日は曇りであいにくの天気だったのですが、
雨は降らずコンディションはまずまず。
平尾台方面を望む景色は素晴らしかったですよ!

紅葉も最後でした

紅葉も最後と言った感じで高揚している木々がちらほらあり、
地面には赤と黄色の落ち葉が敷かれ、そのコントラストがとてもきれいでした。

福智山頂

福智山頂は真っ白け!
寒いのでそそくさと下ります。

で、ここから市ノ瀬峠まではすっ飛ばします。
どうしてかというと、

エイド最高

今回、スペシャルエイドが用意されていたから。
温かい豚汁まで家内が用意してくれていてすごく美味しかったです。

温かいものがうまい!

寒い時温かいものを食べるだけで元気が出ます。
何度となくそれを体験しているので、
ホント、食べ物って大切です。

特設エイドにて

元気が出たところでみんなで記念撮影。
ここから皿倉平まで登ります。
カントリーコースはそこでゴールですが、
今回は皿倉平から下り戸畑渡し場までロードを走ります。

戸畑渡し場から若松へ

当初、皿倉山から残りのパートってロードだし、
若松に渡れば300mくらい上って、
残りはなだらかなトレイルなので楽勝だと思っていたのですが、
なんのなんのめちゃくちゃキツかったです( ;´Д`)
特にこの戸畑渡し場までのロード区間がホント辛かったです。

渡船で若松へ移動

渡船でちょっと一息。
SWMさんに船の中でも走ってとリクエストしましたが、
軽く却下されました( ;´Д`)

ここから若松へ渡り、
高塔山から玄海遊歩道を通り、頓田貯水池を経由してわが家でゴールしました。
写真がないのはあまりにもキツかったから。
イヤ、マジきつかったです。

カントリーコースから若松まで

で、実際に走ったコースがこれ。
距離 48.63キロ
累積 2344m
(SUUNTO調べ)

今回始めて繋いで走ったコースですが、
終わってみるとコース上に渡船が入るなどして変化があって面白かったです。
香港のレースでは地下鉄に乗って島に渡るコースもあるようで、
こういうのも面白いですね。

地図を見ながらルートを探し、繋いでいくのは本当に面白いです。
ゴールにお風呂や美味しいものが食べられるお店を設定しておくと、
モチベーションもアップしますね!

自宅から玄海遊歩道->戸畑->小倉北区->企救自然歩道->門司港->関門人道トンネル->綾羅木・竜王山トレイル->川棚温泉&瓦そば

なんてのも面白そうです!
さて、次はどこを走ろうかな?

Follow me!

カントリーコースから渡船経由で高塔ー石峰山グリーンパークまで” に対して1件のコメントがあります。

  1. Takako より:

    wow!!
    スペジャルエイドとは、さすがサポーターのプロ配慮ですね、素敵〜〜!!

    しかし面白い企画ですね!
    ウルトラランナーさんじゃないと出来ない

    1. cubenet より:

      ウルトラランナーじゃないですよ〜(^_^;)
      でも、ただ走るだけじゃなくって、
      ちょっとだけ遊びの要素を入れると楽しいですよ〜!
      おすすめします(*^^*)
      あっ、あと妻にはいつも感謝です!!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です