ゼロ関門突破!エアチャイナで福岡からジュネーブまで–その1

昨年UTMBカテゴリのCCCに参加して1年経ちました。
早いものです。
昨年は右も左も分からず不安と心配から考えられる準備は全てしたというのに、
今年は2年目の余裕からか何にもせずに、
直前になってバタバタと用意する始末です。

今年の課題は何と言っても、
本格的な山岳レースであるTDSを無事完走できるかということと、
ディレイとロストバゲッジで有名なエアチャイナで、
無事に行って帰ってこれるかというゼロ関門突破という目標2本立てという、
贅沢な難関が立ちはだかっています。

どうしてそんな航空会社を選んだかといいますと、
今年は元々UTMBには行く予定ではなく、
UTMF(富士山を回る大会)でポイントを取るつもりだったのが見事に落選。

どうしようか?とお酒を飲みながらネットを眺めていたら、
気づいたときにはTDSのエントリーにノータイムポチリをしていました。
そして見事TDSに通っちゃったもんだから、
お金も時間もないままに行くことが決定してしまいました。

なのでもちろん旅費は一番安いところ一択!

というわけでエクスペディアで検索すると、
エアチャイナという航空会社が一番安く行けることがわかりました。
経路を見ると福岡から直行で行けるし搭乗時間も短い。
評価も普通だったので迷わずノータイムポチリ。

これが後になって悩みのタネになろうとは、この時は知る由もありませんでした(^_^;)

そんなこんなで時は進みレース1ヶ月前の7月末。
もうそろそろ色々調べないとヤバイなと思い、
エアチャイナに関して調べて見ると、
遅延率80%だの、ロストバゲッジがめちゃくちゃ多いだの、ビビる要素満載の言葉のオンパレード。

マジすか?( ;´Д`)

これ、レースどころじゃないじゃん。
どうしよう。
奥さんに話したら機嫌が悪くなるし、内緒で必死に調べまくりました。

何々、福岡から大連経由って同じ飛行機なのに、
一度降りて入国手続きをしないといけないとか、
大連からは国際線から国内線扱いになるとか、
北京では出入国管理と手荷物チェックに2時間かかるとか、
ディレイしても空港職員は何にもしてくれないとかビビる情報ばかり( ;´Д`)

やべーよ、やべーよ、やべーよ!

マジシャレなんないわ!

とそんなこんなで、出来うる限りの情報収集と、
ネットにつながらなくてもグーグル翻訳が使えるように辞書をダウンロードしたり、
困ったときのシュミレーションをあれこれ準備して出発の日を迎えました。

スターアライアンスなのにJAL

福岡空港に到着。
エアチャイナカウンターでは、
同じスターアライアンスグループであるANAの職員さんが対応かと思いきや、
あれ?福岡空港のエアチャイナカウンターではJALのお姉さんが対応してくれました(^_^;)
福岡空港ではこうなんですね。

エコノミーで預けられる荷物の制限は一人23キロまでの1個。
機内の持ち込み荷物の個数制限は一人1個まで。
なんか言われたら嫌なのでしっかりとパッキングして、
スーツケースの重量も事前に測っていたのですんなりオッケー。
てか、結局行って帰るまで機内の個数制限とか何にも言われなかったです。

北京に向けてエアチャイナで

機上の人になりました

出国手続きもスムーズに終え無事機上の人になったのでした。

どうしてトランスファーなのに入国するの?

福岡から大連までの機内食

飛行機に乗るとわりとすぐに機内食が配られました。
そりゃ、1時間30分ほどしかありませんからね。
そう言えばさっきからカップヌードルカレー味の匂いがしていたのですが、
やはり出てきたのはこのメニュー。
機内はカレーの香りで充満してしまいました(^_^;)
お味はとっても美味しかったです♪

大連

福岡から大連に到着しました。
飛行機から見える大連は成長著しい都市の印象です。
建設されたばかりのような高層住宅や工場学校などがあり、
まだまだ建設途中の建物がいくつも確認できます。
大連の人口は現在1000万人!
まだまだ成長し続けるのでしょうね。

北京へ進みます

さあ問題はここからです。
一旦飛行機から降り入国審査を受けてから、
同じ飛行機に国内便として再度搭乗します。

ここでトラブル発生。
妻が上着を忘れ取りに戻ったため遅れてしまいました。
その上、今度は私が乗継チケットの半券をどこに入れたかわからなくなり、
係員の前でバックを開けて右往左往。
結局ポケットに入れていたのですけど、
他の搭乗者がいなくなりどうしたらよいか分からずに、
入国用紙に書こうと見本用に持っていった紙を出して書こうとしていると、
イライラした様子の入国管理官から早く来いと言われ、
何も書かずにあっさり入国できました(^_^;)

これが乗換券

入国審査を終えエスカレーターを1階上がればそこは搭乗ゲートです。
時間になり乗り換えチケットを見せボーディングブリッジを進むと、
途中でYの字のように別ゲートから乗ってきた国内客と合流します。
そこで係員に乗り換えチケット(国際線からの乗り換え客)もしくは搭乗チケット(国内客)を渡すのですが、
急いでいるのか係員のお姉さんが不機嫌な顔で、
8枚くらいを一度にちぎっていて驚きを通り越して笑えました。

再び機上の人となり北京までは約1時間ほどで到着です。
大連からの国内搭乗客は全然うるさくなく快適に過ごすことが出来ました。
事前にネットで調べていた情報では、
国内便の客はうるさいと書かれていたので、
少し構えていたのですが人によるのでしょうか?
そんなことはなかったです。

そうこうするうちに北京首都国際空港に到着します。
北京を上から見るとただただひたすら広く、
中国のスケールの大きさを感じます。
まだまだいろんなものがこれからも作られていくのでしょうね。

その2に続く

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です