GWに霧島に行ってみて考えさせられたこと

GW何処に行きましたか?

GWに栗野岳へ来ました

GW楽しまれていますか?
ウォールを見ると萩往還や橘湾岸にいろんな山の画像で一杯ですね😍
私たちはGWの後半帰省も兼ねて霧島に来てゆっくりと過ごしています。

きりえびのコースでもある栗野岳へ

日本一の枕木階段

折角霧島に来たので、
1回くらいは山に行きたいなぁと思い栗野岳に登って来ました。
木段のてっぺんからは桜島がキレイに見えて最高の気分😍
レース中とは違い景色や空気、鳥のさえずりなど楽しみながら登って来ました。
やはり山は最高です😍😍😍
調子に乗って右足首を2回も捻挫したのは内緒の話ですが(^_^;)
来週末ARTだっていうのに大丈夫なのか!

硫黄山から立ち上がる水蒸気

見晴台からも韓国岳がキレイに見えましたよ。
韓国岳すぐ下に見える硫黄岳からは、
相変わらずモクモクと水蒸気が登っていました。
7月のえびきりが開催されるかどうかまだ不明ですが、
活動が収束して大会が開催されるといいですね。

噴火情報はその地区全体というわけではありません

そう言えば昔は御池を車で通るときは、
水蒸気でモクモクしてるのが当たり前だったと両親から聞きました。
もちろん何かあってからでは遅いですが、自然と共に生活している人たちにとっては、
その変化にも敏感です。
桜島が噴火したって地元の人は毎日生活しています

霧島へ登る道を通る途中、
ある大きなホテルが閉鎖されていました。
噴火地域からは離れていても、
他県の人からすると危険な印象は拭えません。
どんなに噴火情報と観光地域が離れていて、
安全だと伝えても利用者からすると、
敬遠しがちになるのはしょうがないことです。

火山のあるところに住んでいる多くの人々は、
観光で生活している仕事に携わっているので、
噴火情報が起こると死活問題でもあります。
霧島だけでなく他の地域でも利用する人々が、
正しく情報を理解することが大切です
温泉郷のあたりは避難地域ではありません。
今後は今までのように霧島に人が来るといいですね。

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です