いよいよ2018年のUTMBの申込もはじまりましたね。
なんだか、胸が弾むのはなぜ?でしょうか(笑)。

健さんのレース中の様子は健さんブログで紹介しましたが
私目線のサポートから見たレースの様子です。

スタートは現地時間の午前9時。
CCCのスタート地点はイタリアのクールマイユール。
宿泊地であるシャモニーからバスで移動します。

朝4時起床。
ホテルからはホテルの奥様がバス停まで車で送ってくださいました。

バスのりばは受付会場の近くです。
受付のときに下見しておくといいですよ。

6時のバスに乗り、約45分のトンネルの旅です。
選手もサポーターも同じバスに乗ることができます。
選手はゼッケンをみせるとOKで、サポーターはバスの乗車券を見せると乗せてくれます。
が、かなり、ゆるゆるで持ってなくても乗れるんじゃないのーって感じですが…

モンブランの下はトンネルで町と町が結ばれてるんですよ。
フランスからイタリアへ。

国を移動するのですが、特に入国審査とかないんです。
ただ、パスポートは必携です。時々、見せろと言われて
持っていないと結構、厄介らしいので気をつけてくださいね。
走るランナーさんもらしいですが、
うちは念のためコピーだけもって行きました。
一度も見られることはなかったのですが、
怪我や病気になると必要だったりするので気をつけてくださいね。

シャモニー到着。雨の予定でしたが、降ってません(*^^*)♪

結構、早くついたので、開放されているスケートリンクの中で待機。

ここでも荷物の最終確認。
ハイ!出したり入れたりの…(笑)

カフェもあるので、温かい飲み物も買えますよ。

スタート地点に移動。これが意外と遠い。
歩くこと15分くらい。
しかも登りだし…

スタート地点。
なんかイタリアにくると途端、看板がオシャレだ!!

ここで、選手はスタート地点に入るチェックを受けます。
ここからは選手とは別々に。

サポーターはこちらの歩道を歩きます。

と思ったのですが、日本とかと比べるとゆるっとしていて、
スタートゲートを過ぎると選手と近くにいれます。

ハイ!満面の笑み(笑)

スタート時刻が近くなったので
スタートの見える位置に移動。
ここからはそれぞれ一人旅です。

 

いよいよスタート!
感動のあのシーンです。
うわーーっ!!動画と一緒だー!!!と思い、動画を撮影!

なのに…
実はスタートは3ブロックに別れているらしく
健さんはなんと3ブロック目。
なんだか、DJさんも疲れ気味だし、
感動もちょっと薄れ気味ですが…

とっても楽しそうにスタート。

スタートを見送った後は、せっかくのクールマイユール。
ちょっと、町をお散歩してみました。

とってもきれいで素敵な街です♪
カフェで休憩して、サポート計画をたてようと。
(来る前に考えておけよって感じですが…)

が、カフェに入ったはいいけど、メニューらしきものが見当たらず
注文の仕方も分からなーい(´・ω・`)ショボーン
なんせ、ココ、イタリア!英語は拒否…

で、諦めて、朝待機していたスケートリンクにもどり、
飲み物とサンドイッチをGET!
しかしここでもテイクアウトが通じず苦戦。
イギリスでは、Take away なのね。
しかも、アメリカでもテイクアウトって言わないらしい^^;
で、ここはイタリアだし…
しかし無敵のボディランゲージで無事ゲット!
欲しいものはなんとしてでも手に入れるのです!!

ここで今回、最大の決断を…←大げさですが…
このまま、シャモニーに帰り、ゆっくりして、シャンペに行くか
それとも、最初のエイド、アルノーバに行き、シャモニーからシャンペに行くか…
アルノーバは事前に調べた情報では何もない野原みたいなとこ。
行っても待っているのが大変かなー。
でも、もう1箇所くらいエイドに行ってみたいなーと思いも…
突然、居たら驚くかなーとか思いながら…

とりあえず、バスのりば場へ。

が、さすがの外国。
予定の時間になってもバスは来やしない。
しかも、どのバスが来るかも分からない。
なので、ここで、来たバスに乗ろうと決断。

で、来たバスはアルノーバ行!
ってことで、乗るまで悩んだ結果アルノーバへ。
でも、この決断がこの後かなりのヒヤヒヤにつながるのですが…

アルノーバまではバスで30分くらい。
が、どんどん、どんどん、山に登っていく!
しかも、こんなとこバス通るのーーーってなとこに…
だんだん、不安になりながらも…
着いたところは本当に山の中でした!

でも、今までに見たとこないような素晴らしいすぎるとこ!!
もー、こんなとこで一生暮らしたい!!って思ってました。

それから、待つこと3時間。
のんびーりと応援を楽しみました!!

来ました!!
予想通り、かなり驚いてましたが…

ここのエイド、サポーターは中には入れないので選手のみ。
水の補給を済ませ、テントの外でおにぎり食べて。

まだまだ、元気に楽しんでいるようでホッ。
ここまでに最高峰の山一つ超えれてので一安心。

元気に出発していきました。

私もバスに乗り、シャモニーへ。

で、ココで日本からのメッセージ。
「育子さん、今、どこにいるんですか?」と…。

なんだろう???って思ってみると、
なんと、シャモニーからシャンペに向かうバスの最終出発が17時とのこと。
そのメッセージもらったのが16時。
私はシャンペのバスのりば^^;
ここから、シャモニーまで、50分。
バスのりばは行列。
ちょうど来たバスに乗れればなんとか間に合いそうですが…

きゃ~~っ!!
最終があるなんてーーー。
完全に時刻表見落としてましたーー(´・ω・`)ショボーン。

なんとか、そのバスに乗れたんですが、
国境ゲート、金曜日の夕方で大渋滞^^;

あーーーっ、最大のエイドポイント、シャンペに行けないのーーと
撃沈状態。

でも、友人からのメッセージで
「なんか、今日はなんとかなりそうな予感」
と根拠のない自信の言葉!

なんと、出発の5分前にシャモニー到着!
ちゃんと、バスに乗れました!!

ふーーーっ^^;
計画は綿密にですね(笑)

こんなバスの時刻表があります。

前もって、確認して、計画を立てておくことが大切ですね。

シャンペ到着。
ココはスイスです!

すっかり、日は暮れ、急激に寒くなり、しかも雨も降ってきました。

健さんはなんとか予定より若干は遅れ気味ですが、
あと、1時間もせず、到着しそうです。

こんなサポート用のチケットがあり、
これを見せると、選手の現在の位置を確認して、
選手が入ってくる5分位前に選手の入るエイドの方に入ることができます。

この赤いテーブルより奥が選手の入ってくるスペース。

ここで嬉しかったのが、サポートの人が待つスペースにもテントがあり
そこは暖房もきいており、食べ物や飲み物も買うことができるようになっています。

選手もですが、サポートする人も自分の食べ物は自分で確保しないと、
コンビニなどはないのでかなり困ります(´・_・`)
私は途中で買ったサンドイッチと持っていたおにぎりで
かなり助かりました。

選手は食べ物のこととか着るものとかかなり気をつけるのですが、
サポートの人、意外と自分の準備がおろそかになりがちです。
でも、サポートのサポートはないので、きちんと自分で準備しておきましょう。
特に食べ物の確保は重要ポイントです♪

サポートする中にも日本人の方は意外と多いので、
わからないことは思い切って聞いたほうがいいですよ。
最近、アジアの人と見分けがつきにくいので声をかけるの勇気いるんですが…
思い切って「アーユージャパニーズ?」って聞いてみましょう!

スマホのライブアップデートを確認しながら待ちます。
UTMBのLiveページから選手を追いかけることができます。
動画もあって意外と便利です!

健さん到着!!
アルノーバからの山はむっちゃ大変だったのと
雨と気温の低下でかなり、ヘロヘロでした。

まずは、着替えをしてもらい、その間に食事を取りに行きました。

フードのところはかなり混雑していて、並んで待たなければいけません。

暖かいスープやパスタ、チーズ、クラッカー。
結構、おいしそうなものがたくさんありましたよん。
(ココ写真を撮り忘れちゃいました!)

とにかく体が冷えているので、暖かいものを確保。

ちょっと、元気が戻った気が…

で、ここでバスの時間を見ると 22:00出発。

あまり、時間がなかったので、出発を見送らずに
ある程度の準備をさせて、私の方が先に出発。

が、これがちょっと、反省点。

ここでの出遅れが後々の関門ファイターに…

予定ではシャンペ到着が20:56。
実際に着いたのは21:12。
スタートの30分の誤差を考えると、予定より少し早めの到着。

にも関わらず、ここを出たのは22:04。
1時間近くも休憩していたことに…

CCCのコースは意外とタイトにできていて、
しかも30分遅れのスタートを考えると
淡々と走り続けなければ関門は厳しいのです。
(終わった後に他のブログを読んで知ったんですが…)

ここからラストの3つの山越えは夜で気温氷点下。
バロルシンに着く頃には3時間の遅れ。

ライブアップデートの到着予測で
ゴール時間には間に合わない^^;

シャンペ以降のエイドは行かず、
ホテルに帰っていたのでライブアップデートとにらめっこしながら、
日本からサポートしてくれている友人と、
なんとか本人に伝わるようにとメッセージ攻撃(笑)

走っている健さんはこの状況あまり分かっていないらしい上に、
エイドポイントの場所を1つ勘違いしていて、
「間に合わないかねーー」とか悠長な返事。

たまたま日本人の二人がヤバイ!!みたいな感じで
ダッシュして行ったのを見て、我に帰ったようで…

ココから猛ダッシュ!
ゴール間に合わなかったらなんて言われるかーって思いながら、
必死で登ったらしいです(笑)

しかも、雪の影響でコース変更になり、
最後の山がひたすらの登りに。これが結構たいへんだったようです。

夜も明け、無事、最終チェックポイント。
ココまでくれば後は下っていくだけ。

ゴール時間にも少し余裕が…

雨もあがり、青空も見えてきました♪

ゴール地点に行くと、次々に選手がゴールしてます。

2週間、禁酒してたので、今夜は絶対に飲む!と行っていたので
ビール、ワイン、チーズを買って、ゴールを待ちます(*^^*)♪

が、ライブアップデートがあと2キロってなってから
なかなか来ない^^;

同じくらいのところを走っていた福岡のM田さんが先にやってきました♪

それから待つこと10分くらい…

来ました!!

もっと、ヘロヘロかと思ってましたが、とっても元気!!

後で聞いた話ですが…
なんと、写真に写るためにTシャツに着替えをしてきたらしんです。
それも2度も(笑)

二人でゴール♪♪♪

ゴールゲートの前から家族や友人、サポートしてくれた人と一緒にゴールさせてくれるんです。
みんな様々なゴールシーンがとっても印象的ですよ。

ハラハラ、ドキドキもありましたが、無事、ゴーーール♪
大満喫のCCCだったようです\(^o^)/。

写真を撮る頃には土砂降りに。
ホテルまではさすがに歩く元気もなく、バスに乗ることに。
こんなときに限ってなかなか来ず、体が冷え切ってしまいました。

さすがに疲れたらしく、爆睡。
が、夕方になると、むくっと起き、「おなか空いたーー」と。

ハイ!この満足な笑み。
今までに飲んだどのワインよりもおいしかったそうです。

 

生ハムにチーズ、ソーセージ。
そして、日本から持っていったベビーハムも!(笑)

その後、丹羽さんのゴールを見に街までまた、歩いたのでした…

と、こんな具合に初チャレンジのUTMB CCCを大満喫。
たくさんの応援を受け、無事、ゴールすることができました。

今回、サポートも初チャレンジでいろいろと反省点もあります。

まずは、着替え。
シャンペのエイドで着替えはしなくてもいい。って言ってたんですが
着替えれるものは着替えたほうがいいと言って着替えました。
これが大正解!
この後の冷えが全然ちがったらしいです。
ドロップバックないので、ここで、下着、靴下、ウェアなどを
きちんと着替えることにより、夜の暑さ、寒さへの対策をとることが大切です。
2017年はたまたま例年にない寒波だったため、
寒さへの対策が必要でしたが、
暑いときは汗の対策などが重要になってきます。
今年ほど寒くはなくても夜間帯に2000m以上まで登るわけですから、
着替えやレイヤリング等、想定以上の準備が必要だと思います。

次に、荷物。
当初の予定では1時間に1本ジェルを食べる予定で
20本近いジェルを持ってましたが、
実際には途中でジェルを受け付けなくなり、
ほとんど食べれない状態になったそうです。
ただのリュックの荷物、負荷にしかなってない(笑)
ここで、不要な荷物は回収しておくとよかったです。
(結局残りのジェルを持ったままゴールしました…)

そして、時間の確認。
行く前に読んだブログで、
サポートの人は選手を極力座らせずに30分で出す!って書いてあったの読んでいたにも関わらず、
疲れ果てた顔をみたら、ついつい、時間も忘れて…休ませてしまいました。
しかも、私がバスに乗るために出たあとも、
かなりのんびりしていたようで^^;
休み過ぎても疲れが出てしまうので、
ココは厳しく行かないとですね…
それと、今の進行時間の確認とペース配分の確認もしておくべきでしたね。
そうそう、バスの最終時間の確認もね^^;

あと、残りエイドが2箇所あるんですが、
ここのフードエイドはサポートも入場可なので、
できれば行った方がよかったかなと思いました。
夜中なので、サポートの人が待っていてくれと安心感があるのかなーと思います。

と、まー、ほとんどの人はサポートなく選手だけで走っているので
ちょっと、甘やかしすぎかなとも思いますが。
本来、選手が考えてすべきことなのかもしれませんけどね…
二人でゴールを目指すってのも楽しいのかなーと思います♪

次回UTMB 100マイルのときももっと楽しく完璧な
お節介サポート目指したいと思います(*^^*)♪

ちょっと、長くなりましたが、一気にサポート編終わらせました!!

次は食事についてと観光についたら終わりかな…

長文へのおつきあいありがとうございました♥

只今準備中