風呂の桶になってはいけないのです

むか~し、昔、僕が学生だったころ、
試験があるたびに結果が芳しく無く母親に叱られていました。

そしてその都度、
今度はこれだけ勉強をやるから大丈夫。
月曜日はこれを何時間やって、
その次にこれを何時間。
火曜日はコレとコレを何時間づつ。などなど。

そして試験の終わった跡には、
立派な計画表がいつもできていたもんです。

しかし次の試験の後にはやはり同じ結果をたどり、
母親の小言。

あれこれ立派な言葉や計画は、
誰かを騙すことができるかもしれないけれど、
母親と自分は騙すことはできないものです。

一番大切なのは結果がどうだったか?
過程で何をどうやっていたか?
それは次の結果にどうつながるか?
などのシンプルな評価につながるものなんですよね。

立派な計画や理想はいらない。
必要なのは何をするのか決めたら
それをどう進めていくのか行動すること。

ただそれだけなんだと
できなかった僕が突っ込まれることを重々承知で、
外の喧騒を聞きながら、
そう思う今日この頃です。

Follow me!

風呂の桶になってはいけないのです” に対して1件のコメントがあります。

  1. c-chan311 より:

    そうです(^^)そうです(^^)tegecatさんのブログを娘によんでもらいます(^-^)v

  2. tegecat より:

    あっ、お恥ずかしい(笑)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です