3.11を忘れない!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

明日で震災から1年が経ちます。
あの金曜日の14時46分。
私は事務所の小さなテレビを食い入る様に見ていました。

「なんだかよくわからないが、大変なことが起こってしまった。」

そう思いながらテレビを見続けました。

東北にいる知人に連絡をするも連絡がしばらくとれず、
とにかくなにかできることと思い募金をしました。

しばらくするとテレビは同じコマーシャルばかり。
「ポポポポーン」だの「コダマデショウカ」だの。

すると原発が爆発し、
もうほんとうにヤバイと感じました。
官邸の右往左往。
原子力保安院という聞きなれない役所の人や、
東電の人たちの無責任なようにも見える態度。

だんだんとテレビが嫌になって、
ラジオばかり聴くようになりました。
ラジオで感じたのは、
音楽の素晴らしさやツイッターなどのSNSの力でした。

私は小さな存在です。
直接被災された方々へ何かをすることはできません。
でも自分にできることをちゃんとしようと思うようになりました。

まず忘れないようにしよう!そう思います。
少しでも困っている人たちに光が見えるように。
そのためにも忘れないようにしないといけない。
そして小さくてもいいからきちんと声を出していきたい。
そう思って迎える明日です。

SNSでもご購読できます。

コメント

  1. nazobijyo より:

    うんうん、本当にそうですね!
    小さいことすらできない謎ですが『忘れないようにする』
    それならできます。
    謎もホトホトテレビが嫌になりテレビの無い生活をしていますが
    もうすぐ1年です。

  2. tegecat より:

    謎さん私の拙い文章にいつもコメントありがとうございます。
    思いの丈を書きなぐってしまい、
    人が読んだら気を悪くしたかもしれませんね‥。

    私近頃のテレビニュースの
    「一体なぜそうなったのでしょうか?」というフレーズを聞くと、
    嫌な気分になってしまいます。
    物事に白黒つけるあなた達の言い方って、、
    どれだけ無責任で傲慢なんだろう?って。

    事実を面白おかしくする必要って
    報道にあるのでしょうか?

    無論面白おかしいと思う視聴者にも問題はあるとは思いますが‥。

コメントを残す

*