正しい情報と知識を持つ意味

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

北九州の市議会議員が瓦礫の受け入れを決議したそうです。

no title

いろいろな問題はあるでしょうが、
ニュースなどを見ていても反対意見の集会シーンばかりで、
受け入れに賛成だったり、
反対ではない人たちの意見が出てこないように思います。

子供たちの健康の問題があるので、
安易に受け入れることは問題があるでしょうが、
正しく恐怖と向き合い、
広域で取り組まなければ問題解決のスピードは送れるばかりです。

昨年福岡で福島を応援するために、
野菜の販売をしたことがありました。
すると子供たちの健康を損ねるということで中止になりました。

正しく情報と知識を得れば、
放射能ゼロの野菜なんて無いことくらいわかります。
被曝を恐れていたら病院に行ってレントゲンなど受けれ無くなります。

問題は問題として声の大きな人の意見にばかり耳を傾けていると、
全体で向かうべきところへは向かえないと思います。

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*