こだまでしょうか

「遊ぼう」っていうと
「遊ぼう」っていう。
 
「ばか」っていうと
「ばか」っていう。
 
「もう遊ばない」っていうと
「遊ばない」っていう。
 
そうして、あとで
さみしくなって、
 
「ごめんね」っていうと
「ごめんね」っていう。
 
こだまでしょうか、
いいえ、誰でも。

昨年3.11以降一時期良く聞いた詩です。
今日ラジオを聞いていたら、
この詩がふと流れてきました。
あらためて自分の声で音読してみると、
しみじみといい詩ですね。

10ヶ月経つと随分と忘れているものです。
なんでもかんでも覚えていたら、
辛くて生きて行けないだろうけれど、
なんでもかんでも忘れすぎじゃ無いだろうかとも思いました。

音読ってとても良いのだそうです。
テレビのCMで流れていた詩は、
言葉として捉えられていなかったように思います。
自分の声でこの詩をあらためて読んでみると、
心にじんわりと沁み込んでくるような
なんともやさしく、
どこか切ない気持ちになります。

人を思いやる気持ちを忘れないように、
この詩をまた思い出したいですね。

この記事を書いた人

tegecat

Webや動画の製作、PCに関することを仕事にしています。また、トレイルランニングや野菜づくり、料理なども楽しんでいます。