ベトナム旅行記 — 3日目

この旅行は2015年1月にベトナムに旅行に行った時のことをメモに書いていたものを、ブログに書き起こしたものです。当時の記憶を辿りながら自分の記録としてブログにアップしました。

旅行3日目

今日は昨日ガイドをしてもらったガイドさんに直接お願いしてホーチミン観光。仕事に入る前に100万ドンで交渉成立。日本円で約6000円くらいか。
それでも笑顔で快くOK
一体、普段いくらもらっているのか?(今にして思えばもっと気持ち良く払っておけばよかったと後悔。)

ホーチミンの私達が宿泊しているホテルまで1時間30分くらいかけてバイクで来るそうだ。
すごいね!

いつものようにホテル近くの両替所でベトナム・ドンに両替して出発。

両替といえば初日に着いて両替したとき、初めて道路を渡ったのだけど、バイクや車がどんどん来てすごく怖かったのが印象的。
ホテルの人が両替所まで連れて行ってくれたから渡れたけれど、いきなりだときっと渡れないと思う。日本みたいに信号でみんなが止まるなんて無いし、待っていても誰も停まってくれない。

コツは決して走らないこと。
ゆっくり歩きながら歩きながら運転している人の目を見ながらゆっくりと進む。そして無理そうなら止まる。それを繰り返せば渡れるようになります。期間中の最後では、もっと大きな交差点をラッシュ時に渡れるようになりました。

両替は大体日本円で10000ドンで58円くらい。(2015年当時)ベトナム・ドンで買物をするのは本当にわかりづらい。

ホーチミンの街中の様子

最初の目的地に着くまで徒歩で移動。街中はJICA経由で清水建設と前田建設がジョイントベンチャーで共同開発しているようで街中も開発が進んでいるようでした。

ホーチミンの街中の様子
開発が進むホーチミン
ホーチミンの街中の様子
そんな中どこでも商売をしている人たち
ホーチミンの街中の様子
朝ご飯をこうやって食べるのは普通なんだって
オーダーメイドのテーラー

両替して最初に行ったのがオーダーの洋服屋さん。
中に入るといろいろな生地があり、店内には千原せいじがここで作ったであろうスーツを着た写真や、ママさんコーラスの写真がありました。

彼女らはこういうところで作るんだね。

オーダーメイドのテーラー

作ってもらいたいデザインを伝え生地を選ぶとなんでも作ってもらえるみたい。
女性ってこういうところ大好き。うちの奥さんと従姉妹さんもすごく嬉しそうに選びながら時間を過ごしました。

結局二人それぞれ3着づつオーダー。
お値段は75ドル。日本年で約27000円くらい。
それでも激安だとか。

ホーチミンのかばん屋さん

オーダー服の次はかばん屋さん。
あるはあるは壁一面にバックがいっぱい。
在庫もカラーも盛りだくさん。
ここでもウキウキしながら色々と買っていました。

そういえば2日目。
下着を持ってくるのを忘れたので、下着をバッタ屋さんみたいなところで買ったんだけど、価格の交渉があってちょっと苦手だった。

とにかく買って買ってと言い寄ってきて、かなりふっかけてくる。下着は日本でだいたいいくらかわかっていたので、ふっかけている金額がわかったけれど、わからない商品だったらかなりぼったくられるかも。まぁ、それもゲームみたいなものだからいいんだけど、後で痛い思いもしたけどね。

バックを買ったら今度は中華街チョロンへ。

中華街チョロンの様子
中華街チョロンのマーケットの中
中華街チョロンの様子
中華街チョロンの様子
これはなんだろう?
中華街チョロンの様子

ここはすごいよ!
もう、人人人。
バイクバイクバイク。
旧正月前ということもあり普段よりも人や車が多いということでした。

ここはバスを使っても行けるそうだけど、タクシーで行ったほうがいいと思いました。

Sさんが教えてくれたけど、ホーチミンでタクシーを使うんだったら、
VINASUN(ビナスン)
MAI LINH(マイリン)
だったら安心して乗れるそうだ。その他にも中型のタクシーなどもあり、7人まで乗ることができるので選ぶことも可能です。

それ以外は変なところへ連れて行かれたり、金額をぼったくられたりするので、絶対に乗っちゃダメって言われていたので注意しながら乗車。

さすがに3日目、疲れと共に人混みに疲れてしまい一緒に行っていたKっちゃんがダウン。そそくさとタクシーに乗り込みチョロンから移動。

ホーチミンのスーパーマーケット

次に向かったのは市民が普段買い物をするスーパーへ。旅行に行くと必ず地元の人が行くスーパーマーケットに立ち寄るのが好きな私達。見たことのない食材や調味料を見るのが楽しみなのです。そしてお土産をスーパーで買うようにしています。そっちの方が安いし珍しいものが多いのでいつもそうしています。

ホーチミンのスーパーマーケット

ホーチミンのスーパーは万引きが多いので、店内に入る前に手提げ袋を預けないと入店できないということ。(外国人ならオッケーということでした。)
店内に入ると以外にも日本製品が多いということ。
韓国では日本製品のバチモンばかりだったのに、ベトナムではお菓子や調味料など日本製品が多かったです。(特に味の素やマヨネーズ、ロッテなど)

お土産にライスペーパーや調味料、お酒など結構買いましたよ。
大量に買ったので一旦ホテルに戻り荷物を置きに戻りました。
それから遅い昼食にEmpire Tower前にあるニューラン(NHU LAN)へ行きました。

バインミーニューラン

ここはバインミーが有名なお店で、地元の人も多く利用するお店だそうです。

バインミーニューラン
バインミーはどこで食べても美味しかったです
バインミーニューラン
ニューランの店内の様子

ここでガイドのチャウォンさんおすすめのメニューを注文。
バインミーや春巻きなどを地元のベトナム料理を堪能し、一旦ホテルに帰りちょいと休憩。

ホーチミンの街中の様子

今日は夕方からHIS事務所隣にあるシクロ店へ移動。
無料マッサージとアオザイを来て撮影ができるサービスがあるとのこと。
マッサージは肩か腕が選べて、僕は肩を希望。
ちょ~気持ちいい。女性陣はそれに加えて有料でネイルをしてもらっていました。

帰りがけはベンタイン市場近くにあるナイトマーケットへ。
ここもまた、すごい熱気で圧倒されっぱなし。
とにかくホーチミン(アジアはどこもそうなのかな?)での買い物は疲れる。

全て価格交渉しないといけなくって、まず、何がほしい?
そして次に、どれだけ欲しい?
で、高いっていうと、
いくらなら買う?と聞いてくる。
けっしていくらとは言わないんだな。彼女らは。
で、いくらならというと、あいだ取ってだとか、
それは無理と言っておいて、分かったじゃ、ここまでならと言ってくる。
絶対に底の金額には届きません。
それにすべてのものがそんなに安くなく、むしろおみやげ品は結構高い印象でした。
そういうやりとりが楽しめるのならすごく楽しいところだと思うけど、僕はちょっと疲れましたわ。

夕食はガイドさんが進めてくれたドンコイ通り近くの日本語表記のあるレストランへ行きましたが、はっきり言って最悪でした。

いやぁ〜、そろそろ疲れが溜まってきたんでしょうね。

疲れきってホテルに帰って寝ました。

その4へ続く。(そのうち更新します)

この記事を書いた人

tegecat

Webや動画の製作、PCに関することを仕事にしています。また、トレイルランニングや野菜づくり、料理なども楽しんでいます。