コロナ禍でおじさんが真剣にユーチューバーになるための計画を考えてみた

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
YouTube

コロナ禍の中、これから何をやったらいいのかをずっと考えていました。
ただ、これまでやってきたことが活かせるようなことがいいので、その中で色々考えた結果、動画の編集はどうだろう?と思いつきました。

ちょうどその頃、知人から動画編集の依頼があり、苦労しながら撮影から編集作業までやってみたら反応があってとても面白かったんです。興味を持てたことはラッキーでした。

作成したのがこの動画です

あと、動画編集を選んだもう一つの理由は動画制作が面倒だということ。
動画の編集が好きで動機が純粋な人しか続かないと思うので、ある程度作れるようになる人ってそんなに増えないような気がしました。
これは相当なメリットだと思います。

それでこれはいいやと思って、もっと撮影や編集技術を学ぶにはどうすればいいかを考えたんですけど、本を買ってきてアプリケーションの使い方を学ぶのでは続かないし、その事自体にあまり意味を感じなかったので、実践重視でわからないことがあれば逆引きで調べて覚えようと決めました。

じゃあ、何を作るの?って今度はネタ探しが問題なんですが、みんながやっていることを真似しても仕方がないし、オリジナリティのあることでかつ、継続性のあることってなるとなかなか難しい。
で、いろいろ考えあぐねた結果、最近始めたパン作りはどう?ってひらめいたら、パンは種類も多く、その製法も違うのでそれぞれにコンテンツになりそうだし、パン作りは面白いし、プロが上手に作るコンテンツはいっぱいあるけど、おっさんが苦労してだんだん上手くなっていくのは、それはどれで面白いかも。
そう考えるとなんか色々できそうな気がして、パン作るんなら料理も面白そうだし、嫌いじゃないけど面倒で中々やらない大工仕事もコンテンツになりそうだ。
そうだ!動画で学んで動画をアップするというスタイルにしたらいい。
それをYouTubeチャンネルに登録すれば、作った動画の数が書庫のようにひと目で分かるので達成感も感じられるし、少ないながらも反応も期待できるのでモチベーションを保つのにはいいんじゃなかろうかと。

編集環境は特に用意しなくても今あるものを使ってできるので、テーマと道具は問題ない。あとは時間の確保だ。
できるだけ同じ時間に毎日やっていこう。
なんだかワクワクしてきた。

で、作ったYouTubeチャンネルがこれ!

ねこのしっぽYouTubeチャンネル

今の所2本アップしているので、月3本を目標に年内までには10動画登録することを目標にしています。たまにサボらずにやってるか見に来ていただければ嬉しいです。

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*