配列の加工と繰り返しの処理あたりとリファクタリングの意味

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
ruby

rjust

同じ処理を繰り返すときは配列に入れて繰り返し処理をする。
オブジェクト.rjust(桁, ‘空桁を埋める文字列’)

inject

配列オブジェクト.inject { |初期値, 要素| ブロック処理 }

配列オブジェクトから要素に繰り返し入り、ブロック処理されていく。

<<(この記号の意味)

配列 << 追加するオブジェクト

配列の最後に要素を追加することができる

リファクタリング

同じ動作でより簡潔にメンテナンスしやすいように内部コードを改善すること。

Ruby初心者は自分の書いたコードにすぐに満足せず、どこかリファクタリングできないか研究するとよいそうです。

DRY

Don’t repeat yourself
繰り返しを避ける

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*