ザックのパッキングにモンベルのバキュームパックがおすすめ

モンベルのバキュームパック

いよいよ来月末にはUTMFが開催されます。
100マイルレースともなると必携装備品が多くなり、
10リットル前後のザックでは、
全て入れようとするとかなりパンパンになります。

昨年、CCCに参加した際も、どうやっても全てをパッキングることが出来ず、
困っていた所、ダイソーの衣類用の圧縮袋を使うといいよ!と、
教えていただき、なんとかパッキングすることが出来ました。
ところがこの衣類用の圧縮袋。
耐久性がなく使い捨てに近い感じでした。
値段が安いのでしょうがないですが、
もう少し耐久性のあるものはないかな?と思っていた所、
練習会で知り合ったURKさんから、
モンベルのバキュームパックを教えていただきました。

このモンベルのバキュームパック。
コスパ最高で一つ600円(税別)です。

いくつか買っておけば、
遠征時などのバックや旅行かばんのパッキングにも活躍しそうです。

モンベルのバキュームパック

ちなみにレインウェア上下を圧縮してみます。

モンベルのバキュームパック

入れるとこんな感じ。
10リットル前後のザックだとサイズ的にちょっと大きい感じですが、
圧縮して余った部分を曲げればちゃんと入ります。
(わたしのウルトラスパイアザイゴスにも入りました。)

モンベルのバキュームパック

レインウェアを入れたら空気弁と反対側のチャックを閉めて、
ぐるぐるっと巻いていきます。
衣類用のものと使い方は同じなので簡単ですね。

モンベルのバキュームパック

しっかりと空気を抜いて圧縮すると…

モンベルのバキュームパック

こんな感じに小さくなります。
少しマチの部分などが余りますが、折り曲げれば大丈夫。
素材がしっかりしているので簡単に破れないと思います。
これでミッドレイヤーやレインウェアを圧縮すれば、
UTMFやSTYの必須装備品でもかなり容量を減らすことが出来ると思います。
おすすめです!

モンベル バキュームパック

Amazonならこちら

この記事を書いた人

tegecat

Webや動画の製作、PCに関することを仕事にしています。また、トレイルランニングや野菜づくり、料理なども楽しんでいます。