自宅から福智山まで練習

久し振りのロング練習。
CCCを見据えて8時間以上のロング練習を、
月イチは取り組んでいきたいなぁ〜と思っています。

それと実際に使用する装備になれないといけません。
今回は先日買ったウルトラスパイアのザイゴス2.5のテストをしました。

で、今回選んだコースは自宅から直方市にある福智山(900.8M)までの、
35キロほどの距離を行くというもの。

想定時間はおおよそ5時間くらい。
その後下って温泉施設のある直方いこいの村で風呂入って、
嫁さんにピックアップしてもらって帰る予定。

朝、6時に自宅を出発。
もう、ずいぶん暖かくなりました。
Tシャツに短パンにウィンドシェルという出で立ちでしたが、
汗をかき出すとすぐに暑くなりました。

久し振りの福智山山頂

先々週山開きして山頂は大勢の方がいらっしゃいました。
お天気は曇りでイマイチ。

使用したザイゴスは今まで使ったどのザックよりも密着度が高く、
体にフィットし走りやすかったです。
ただ、全て良いというものではなく、
いくつかダメ出しもありました。
まず、胸にさしたフラスクが取りにくい。
走りながら水分補給したいので、
ハイドレーションか、ストロー付きのフラスクにしないとなぁ〜と思いました。
CCCの場合一番長いエイド区間で17キロ。
これくらいなら600ccのフラスク2本(1.2リットル)で行けそうな気がします。
エイドで水を入れる手間を考えるとやっぱりフラスクがいいですね。

牛斬山へ続く稜線

あと、脇のポケットへのアクセスがしにくい( ;´Д`)
ポケット位置が気持ち奥目なんです。
で、僕思いっきり体が固いので、なかなか閉めたり開けたりがやりにくい。
これは慣れで解決するのか、ジップに紐みたいなものをつけるのか、
はたまた体を柔らかくするのかわかりませんが何か対応します。
と、もう一点、
脇のポケットの容量がもう少しあっても良かったかなと思いました。
ウィンドシェルを入れると入るには入るんですが、
ちょっと小さいんです。
山頂で頻繁に出し入れするときもあるので、
もう少し大きい方がやりやすいかな?

ざっと、気がついたことを書きましたが、概ね気に入りました。
これでエビの霧島エクストリームトレイルとCCCは参加したいと思います。

山頂から下って直方いこいの村で風呂にはいることが出来ます。
ここのお風呂は軟水を使っていて、
風呂に入ると肌がつるつるしてすごく気持ちがいいです。
オススメなので是非トレラン関係なく入ることをおすすめしますよ。

今度はシューズとポールのテストを兼ねてロング練習。
次はどこを走ろうかな?

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です