今年はCCCに参加して念願の初モンブランを走るので、
今年はこれまでしなかったことに挑戦しようと思い、
神戸まで行って参加してきました。

でも、先立つものはかなり乏しいので、
どうやったら一番費用をかけずに移動できるか探してみると、
あった!
ヴィーナストラベル企画の「思い立ったら関西周遊の旅」という、
関西の私鉄に乗れる1000円分のプリカまで付いて、

なんと、お一人様8900円

で阪九フェリーを使い往復できる方法を発見。
そう、なんでも思い立ったら即なのである。
早速ノータイムポチリ!で完了( ̄ー ̄)ニヤリ

久し振りの一人旅。
新門司港まで奥様に送ってもらいしっかり夜のアルコールも買い込み、
いざ、2等寝室へ。
しかし、3月の連休初日ということもあり、
メチャ混み。

阪九フェリーの2等寝室

2等寝室ってこれですよ( ;´Д`)
寝返りも打てやしない。けど、安いからしょうがないですね。
明日は30キロほど走るのでお酒も程々にして就寝しました。

淡路海峡大橋

翌朝は早めに起きて淡路海峡大橋をくぐるところを見ました。
なんか得した気分(^o^)

ポートアイランド港に到着して受付場所の阪急岡本駅近くの公園まで、
余裕で到着できると思っていたのに少し遅刻。
少し待たせてしまい皆さんごめんなさい。

ちょっと遅刻してしまいました

今回100マイルレースに出てみたいという猛者が15人も集まりました。

今回はSalomon Suunto ibsclub 神戸三宮店さんの企画ということもあり、
サロモンのシューズのためし履きも出来ました。
ちょうど合うサイズのものがなかったため断念しましたが、
残念。一度サロモンも履いてみたかったな。

登りの走り方

今回の講師はプロトレイルランナーの丹羽薫選手です。
明るくってすごくチャーミングな方でした。
しかし当たり前ですが、速い!( ;´Д`)
そして速いだけではなく、
教え方がうまく、言っていることが私でもよく理解することができました。

講習は一緒にトレイルを走りながら、
要所要所でレクチャーをするスタイルで進みます。
まず、登りの走り方から。
内容が濃すぎてうまくまとめられないんですけど、
半分以上は自分の備忘録として書き留めておくので、
わからない方はごめんなさいm(_ _)m

登りのポイントは、
登る時足を前に出して登るんじゃなくって、
足を真っ直ぐ地面を踏んだ時の反射で、
反対の足が出る勢いで登るのだそうです。(わかる?)
つまり、足を出すと大腿四頭筋を使って上体が前傾してしまう。
こうなると、股関節が使えずに足の筋力だけで登っちゃうことになるから、
足がすぐに終わってしまうんだと。
また体がブレてしまうので、
そのバランスを取ろうとして余計な力を使い終わってしまう。
そうではなく、
軸足のハムストリングを使って、
上体を押し出す?押し上げるようにして登るのだそうです。
ちょうど頭を引っ張られるような感じで登るのだとか。

走りにおいては太ももの前の筋肉(大腿四頭筋)を使うのではなく、
裏側の筋肉(ハムストリング)を使うと教えてもらいました。

それからこれは一貫して言われていましたが、

100マイル最後まで走りきるには、
ブレずに最小限の力で安定して走ることが重要なのだと。

そりゃ〜、そうだよね~。

下りの練習

続いて下りの練習。
1歩1歩下ると膝にダメージが残るので、
ポンポンポンと力をしたに落としていくように下るのだとか。
その時、腰が引けてしまうと滑っちゃうので、
お腹に力を入れて斜面に対して垂直に立つイメージで、
下ると滑らないとのことです。
なかなか前傾って難しいですけどね。

結構ハードな六甲コース

続いてポールを使った登りの練習。
国内の大会ではほとんどの大会でポールが使えないので、
あえて買うこともないかなと思っていたけれど、
あるのとないのとでは疲労が全く違う。
使い方としては体の前ではなく、
横について押しながら走るのだとか。
急な階段では前に2本同時について、体を引き起こす様に使うと楽に登れます。
リズムに乗って登るとすっごく楽です。
これは発見でした。

でもポールってすぐ使えるものではないです。
やっぱり慣れて置かなければ行けないですね。
ザックから出したり直したりするのも慣れが必要ですから、
早めに買って練習することにします。

初ポールの練習

最後はポールを使った下りの練習。
下りはポールなしのほうが早く走れるそうですが、
ポールを使ったほうが足へのダメージは少ないため、
積極的に使うそうです。
そう、何と言ってもゴールはずっと先ですからね。
使い方ですが、松葉杖のように前に出して体重を預けて、
船を漕ぐように下るといいとか。
これはちょっとコツを掴みました。

その後、トータル30キロほど走り、
今晩の宿泊地である神戸市立自然の家に到着しました。

KAORI NIWA & SALOMON 神戸六甲トレイルキャンプに参加してきました–1日目夜編に続く