諸々の手続きと支払いを済ませ、さぁ退院。
この病院、支払いもすごくシステマティック。
通常の精算窓口もあるけれど、
横には自動支払機があって、クレジットカードで自分で支払いができるんです。
しかもタッチパネルでわかりやすいし、
ポイント貯まるし待ち時間も少ない。
支払い機の使い方がわからない方は窓口ででも支払えます。
使い方の分かる方は支払い機でストレスフリーで払えばオッケー。
凄いですね。
個人情報の問題がありますが、
診察カードにカルテ情報を暗号化して保存することが出来たら、
カルテを打ち込んだら支払額の計算から、
月末の請求まで自動で出来るんでない?
AIが導入されていくと医療事務の分野の仕事も、
ロボットに取って代わる日が来るかもしれんなぁ〜、
なんて思ってしまいました。

安心したのもつかの間帰ってからが辛かった

普通通り、運転もできたし、
帰宅してちょっと片付けして昼食を済ませ、
溜まっている仕事をしようと思った時、そいつは急にやってきました。

急にひどい頭痛がしだして起き上がれなくなってしまったんです。
とりあえず横になって休むと、
それまでたまらなく痛かった頭痛はウソのように無くなります。
「なに?これ」
ネットで調べてみると、同様の症状に

脊髄麻酔後頭痛(PDPH)

と言うものがありどうやらこれらしい。
調べたサイトから転載すると、

脊椎麻酔顔頭痛の原因は、くも膜を針で穿刺した際に、
髄液が漏れる事が原因となります。

人間の脳は頭蓋内で髄液に浮かんでいる状態なのですが、
髄液の漏れにより脳圧が低下することにより頭痛が発生します。

脊椎麻酔後頭痛の典型的な症状は、術後1日から2日経過後に発生し、
1週間から2週間ほど続きます。起きていると痛みが激しく、
横になると痛みが和らぎます。

まさにこれ!
人によって差があるみたいで、
とにかく水を多く取って横になるしか無いみたい。

もう、その日は諦めてずっと横になっていました。
「きっと、明日目が覚めたら良くなっているはず」と思いながら…。

いつまで続くのこの痛み

期待して翌日の朝を迎えました。
目が覚めて、恐る恐る上体を起こすとやはり頭痛が!!
特に後頭部から首の下辺りにかけ激痛が走ります。
もう、仕方がないので諦めて横になっていました。
横になると脳圧が安定するのか頭痛はウソのようになくなります。
いつまで続くのかわからないけれど、
もう、しょうがありません。
水を飲んで普段できないようなことをしようと思って、
本を読んだり、ビデオを観たり、思いっきり寝ました。

クモ膜下出血で亡くなる人って頭が痛いって言うけど、これ以上に痛いんだろうな?
とか、このまま治らなかったらどうしよう?とか、
自分の対処がどこか悪かったかな?とか、
手術失敗してんじゃない?とか、
ネガティブなことが頭をよぎりちょっとブルーな気分に。
ホント今痛みがなくなってブログを書いていて、
なんでそんなこと考えたのかな?
なんて、バカだったなと思いますが、
ヒトってそんなに強くはないです。

結局この痛みは週末まで続き計4日ほど症状が続きました。
4日目の日曜日は友人の応援に、
北九州マラソンを見に行く予定だったんですが、
おとなしくテレビで応援することにしました。

なってからしかわからない健康や身体のこと

若いつもりでも生きてきた年数分身体は確実に歳を取っています。
今回、尿路結石になったのも脊椎麻酔後頭痛になったのもそれなりの理由があるのでしょう。
慢心せずに身体をいたわろうと思います。
できるだけ長く走る楽しみを感じながら健康で過ごしたいので、
そのためにも、
絶対に無理はしない!
意識して積極的に休む!
口にするモノは大切に選ぶ!
これらのことをしっかり守っていこうと思います。

また元気になると忘れてしまいそうですが、
健康って当たり前じゃないです(年齢的にもね)
日々を大切に過ごしたいですね。

病院のレビューにウケた

退院した翌日、
Facebookのウォールに流れた表示。
苦しいこともあってさすがに書けなかったんだけど、妙にウケました( ̄▽ ̄)
そりゃ、ないでしょう!