村山製油で取材

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

今日は鹿児島県肝属郡東串良町にある、
村山製油さんに菜種油の取材に来ました。菜種を選別機にかける

まず菜種を細かい目のふるいにかけ、種だけ選別します。
ここでしっかり選別することが純度の高い油を取るのに大切なのだそうです。

直火で熱する

次に直火で熱していきます。
こうやって熱することによって油が絞りやすくなります。

直火釜

熱しすぎてもいけません。頃合いを見計らって絞り器に菜種を移します。
まさに熟練の技です。

村山製油のお父様

2代目の村山實盛氏。現在は息子さんの博隆氏が付いています。

熱した菜種油を絞り器に入れる

熱された菜種は絞り器に移されます。

 

 

 

菜種油

そうして絞られたのがこれ。
この状態ではまだ不純物が多く残っているため、
タンクに移し1週間ほど置き、
不純物が沈殿したところできれいな部分だけをさらに濾していきます。

油かす

これは菜種の搾りかすです。
これを田んぼや畑に撒くと良い肥料になるそうです。
まさに循環農法ですね。

 

和紙でこす

一週間置いた菜種油を熱し、和紙で濾して菜種油の完成。
きれいな黄金色をしています。

村山製油の皆様

村山製油の皆様です。

1つずつ丁寧に取扱っています

絞られた油は1本ずつ丁寧に瓶詰めされていきます。

きれいな色でしょ

キャップも全て愛情込めて付けられていきます。

村山社長とお母様

社長とお母様。
お忙しい中取材にご協力いただきありがとうございました。

 

SNSでもご購読できます。

コメント

コメントを残す

*