wordpressでプラグインを使用せずにパンくずリストを表示する方法

WordPressのパンくずリストをプラグインを用いずに表示する方法。
以前のはてなダイアリーで書いたのですが、
備忘録として利用するのにどっちに書いたのかわからないので、
こっちでも再掲。
でも今使っているテーマって検索をウィジェットで使えないんだよね。
データベース使っていて検索使えないってどういうことなんでしょ(笑)

参考サイト

カテゴリ、固定ページに対応した、WordPressでのパン屑リストの出力方法まとめ


ここが投稿ページも固定ページも書かれていて便利でした。
書かれていたコード
投稿ページ

[php]</pre>
<div> >
<!–?php $cat = get_the_category(); echo get_category_parents($cat[0], true, ‘&nbsp;–> ‘); ?>
<!–?php the_title(”); ?–></div>
<pre>
[/php]

こちらはこれでオッケー。
うまくいかないときはこちらも試してみてとあったのがこれ。
[php]
<!–?php $post = $posts[0]; // Hack. Set $post so that the_date() works. ?–></pre>
<div> >
<!–?php $cat = get_the_category(); echo get_category_parents($cat[0], true, ‘&nbsp;–> ‘); ?>
<!–?php the_title(”); ?–></div>
<pre>
[/php]

これだと投稿ページのタイトルが表示されるのと、
トップをHOMEと表示されないのでちょこっと変更。
[php]</pre>
<div><a href="<?php bloginfo(‘url’); ?>">HOME</a> >
<!–?php $cat = get_the_category(); echo get_category_parents($cat[0], true, ‘&nbsp;–> ‘); ?></div>
<pre>
[/php]

次に固定ページ。
page.phpに書きます。
[php]</pre>
<div><a href="<?php echo get_option(‘home’); ?>">HOME</a> >
<!–?php foreach ( array_reverse(get_post_ancestors($post—>ID)) as $parid ) { ?>
<a title="<?php echo get_page($parid)->post_title; ?>" href="<?php echo get_page_link( $parid );?>">
<!–?php echo get_page($parid)—>post_title; ?></a> >
<!–?php } ?–>
<!–?php the_title(”); ?–></div>
<pre>
[/php]

すごく便利です。
忘れずに書いておこう。

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です