自分が一番最低だと思っていればいい

かつてかの赤塚不二夫氏が行った言葉に、

「自分が最低だと思ってればいいの。
みんなより、一番劣ると思っていればいいんだよ。
そしたらね、みんなの言っていることがね、ちゃんと頭に入ってくる。
自分は偉いと思っているとね、人はね何も言ってくれない。
てめえが、一番バカになればいいの。(そしたら)何でも言ってくれるの。」

という言葉がありました。
どういうわけかその時テレビを見た時、
この言葉が頭にこびりついて離れません。
そして大好きな言葉になりました。

そして今日この言葉を思い出すことがありました。
具体的に何があったかはとても些細な事でとても恥ずかしくて言えませんが、
僕にとってはとても大きな気づきでした。

でも、色々考えさせられたからラッキーだったね。
ついてるわオレ。

この記事を書いた人

tegecat

Webや動画の製作、PCに関することを仕事にしています。また、トレイルランニングや野菜づくり、料理なども楽しんでいます。