夢をかなえるゾウのDVD見たで

先日読んだ「夢をかなえるゾウ」のDVDを見ました。

主人公の小栗旬はちょっとイメージとは違いましたが、
(どっちかというとリッチマン・プアウーマンみたい。とくに冒頭の妄想部分はまんまですな。)
ガネーシャ役の古田新太ははまり役でした(笑)

一度見てしまうと古田新太しか想像できなくなってしまいます。
お話はというとガネーシャの課題がかなり端折られていますが、
概ね原作に忠実でした。

DVDをみて再度本を読み返していますが、何度読んでも面白いしためになります。
こんな本と今出逢えてラッキーでした。

人間は楽しい事しか続けられないというのは真実ですなぁ〜。
(楽しい=快楽という意味だけじゃありませんが‥)

この記事を書いた人

tegecat

Webや動画の製作、PCに関することを仕事にしています。また、トレイルランニングや野菜づくり、料理なども楽しんでいます。