未来工業のへんなきまりを読みました

連休中ということもあり久しぶりに本を読みました。
とっても面白くて読みやすくってこういう本はいいですね。

読んだ本はこれ。

以前カンブリア宮殿に出演した時に見て、
面白い社長だなぁ〜と記憶していました。

警備システムなど一切使用しておらず、心配じゃないんですか?とよく聞かれるけど、何もなかった時の年間のコストと、実際に取られた時の被害額とでどっちが金がかかるか考えたらセキュリティシステムに払う金を、社員の餅(モチベーション)に分配したほうがいいじゃない。

という話は面白かったですねぇ〜。
当たり前と思って選択していることも、
疑ってみると違う選択肢ってあるもんだとね。
だからみんなで考えないといけないんですよねぇ〜。

誰かが「みんなで考えよう」なんて言ったって絶対に考えないですよ。
じゃあどうしたら考えるかって言ったら、
問題を自分のことにさせちゃうこと。
それが社員一人ひとりが自分のこととして、
考えることにつながるのでしょうね。

言うのは簡単。
するのはなかなかできないことも、
やっぱりやらないと結果は出ませんものね。
自分のやっていることでも、
どこもやっていない何かを作れるはず。
視点を変えて常に考えることもできるはず。

まずはそこから真似してみないとね〜。

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です