macの便利なファイラーmucommander

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

Macになって何が困るかというとバックアップソフトです。
共同で作業をすることが多いので、
主要なファイルはすべてファイルサーバーに入れています。
ですので作業都度ファイルサーバーにデータをアップする必要があります。
自分がバックアップしたファイルを誰かが見れる状態でないといけないんですね。
ですのでTime Machineは大変便利なようですが、
ローカルにあるデータすべてをバックアップする必要もないですし、
NASでWindowsと共有したいのでタイムマシンだと何かとよろしくないんですね。

Windowsの時はBunBackupを使っていました。
まさしくこんなソフトはないもんかと思い探していたところ、
この記事を見つけました。

「教えて!goo」から移動しようとしています | 教えて!goo

muCommander: a cross-platform file manager

バックアップソフトではないけれど、
差分のコピーができたらいいなと思って入れてみました。
そしたら割といい感触なんです。
何がいいかというととにかくコピーが早い。
これだけ早いと一作業終わればコピーすればいいので、
別に問題ない。
ミラーリングや自動バックアップはないけれど、
それはそれでいいかなと。
ちょっとしばらく使ってみようと思います。

ダウンロードするときちょっとコツがあります。
公式サイトにも書いているのですが、

Mac OS X Mountain Lion now requires all applications to be signed and registered with Apple (sigh) ― we’re working on getting muCommander up to par. As a workaround, you can temporarily set ‘Allow applications downloaded from’ to ‘Anywhere’ in the Security & Privacy preferences before you download the DMG file.

システム環境設定のセキュリティとプライバシーの一般項目で、
ダウンロードしたアプリケーションの実行許可を、
すべてのアプリケーションを許可にしてからダウンロードしないと、
ファイルが壊れていますとでます。
注意してくださいね。

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*