どうにかならんもんかね?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

とある用事で役所の国民健康保険課へ行って来ました。
要件を言うと50代くらいの男性で、
いかにも役所に務めているような人が対応してくれたんですが、
まったくこちらの意を介してくれる気配もなく、
しかも面倒なことは出来ないようなことばかり言う始末。
なんだかもう怒るのも面倒くさくなって、
呆れてしまいました。

病院の電話番号わかりますか?って聞かれたんですが、
そんなもん急に聞かれてもわからないですよ。
「わかりません」っていうと、
また面倒くさそうにタウンページで調べてくれましたが、
国民健康保険課なんだから、
管内の医院の電話番号くらい把握しとけばいいのにね。

まったく誰のための制度で、
あなた達は誰のための行政サービスをするために、
身分保障されて税金から給料もらってるのだろう?
公務員になったらその権利は当たり前で、
定年まで滞りなく務め上げてそれで終わり?

地域住民の生活を守る責務があるでしょう?

あ~、こんなことここで書いても無理無理。
そりゃ、変わることないよね~。
よっぽどのヘマしない限りは首にもならないし、
給料も減らないしね。

面と向かって文句言ったって制度だから、
個人に責務があるわけじゃないからね。
彼らにとっては痛くも痒くもないもんね。

行政改革なんていっても結局これが現状なんだよなぁ~。
政治家と結託してんのはお役人だもん。
一生懸命やっている役人の人もいるのは知っているけど、
末端のこの体たらくはどうにかならんもんかね?
パフォーマンスだけで変な案内係なんか要らないよ。
無駄な労力を必要とせずに、
きちんと制度を活用できるようにして欲しいだけなんだけどね。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*