牛乳石鹸の青箱と赤箱の違い

あなたはボディーソープ派ですか?
それとも石けん派ですか?

私は断然石けん派なのですが、
いままで何となく使っていた牛乳石鹸の赤箱と青箱。
その違いって今まで考えたことがありませんでした。
パッケージを見ても詳しいことは書いてありませんし、
どちらにもミルク成分配合とあります。

で、牛乳石鹸のホームページを調べてみました。
404 Not Found
なんでもしっとりした洗い上がり感は赤箱で、さっぱりした洗い上がりが青箱なんだそうです。

両方使ったことがありますが、はっきり言ってその違いは私には分かりませんでしたけれど‥‥。

さて、今回見た牛乳石鹸のホームページ。なかなかおもしろいです。
例えば、
牛のマークの由来とか
パッケージの歴史などが書かれています。

f:id:tegecat:20110613234413j:image

当たり前のように見慣れたパッケージに、企業の秘めた思いなどが判ると今まで以上に愛着が沸きませんか?

牛乳石鹸良い石鹸♪
このコピーなんかもあまりにもストレートすぎますが、どうしてこの歌になったのかなんてのも知りたいですね。

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です