ナポリの横断幕

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

昨日の雨に打って変わってとても気持ちの良い天気でした。(ただ風の強いのが難点ですが。)
部屋の中にいるとちょっと肌寒いくらい。
なんだか季節が1月ほどさかのぼったかのようです。

今日はお客様がイタリア旅行に行ったときのアルバム制作の打ち合わせがありました。
(イタリアかぁ~)
うらやましいです。

写真を拝見させていただき、ずぅっっと前に行った時のことを思い出してしまいました。
その中に「がんばれ日本」の横断幕が。
f:id:tegecat:20110526232147j:image
カプリ島でこの日本語で書かれた横断幕が張ってあったのだそうです。
こんなところに来てまで日本語で「がんばれ日本」か。
いったいどういうつもりでこれを掲げたのだろう?

日本人の友人たちよ!俺達イタリアンはは親日派だぜ。一緒にがんばろうぜ!
なのか?

こんなに大変なときに良く観光なんか出来るな!
なのか?

イタリアって友人思いのいいところだろ?だから一杯お金使って帰ってね
なのか?

なんだかよくわからない横断幕に疑問を持ってしまいました。

日本人観光客が多く訪れる観光地に、日本人に向けて掲げられたものでしょうが、外国に行ってみたらどういう感情を持つんでしょうね?
外国に行くと日本人っていう事をおもいっきり意識してしまいますからね。

こういう外国語で書かれた横断幕って、逆のパターンで日本でも張ったりするものなのでしょうか?
どうして張ったのか理由はわかりませんが、
意外と日本人ってそういうことしなさそうな気がします。

別になにが言いたいなんて事はなく、「どうして?」って思ったので、ただそれだけなんですけどね。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*