不景気ですが、

昔ロードレーサーにあこがれて
本気で成りたいと思っていた時期があったんだけど、
この不景気で仕事として成り立つことが非常に難しくなっているそうだ。
当時はまだバブル真っ只中で、全然関係のない異業種のスポンサーとかも珍しくなかった時代だった。
レースクィーンとかキャンギャルとかが意味もなく、派手な格好でパドックとかをうろうろしていたっけ。
そういうときのプロのレーサーってあこがれたなぁ~。
でも今にして考えてみると、
いくら位もらっていたんだろう?
怪我とかしたら出れないわけだし、
労災とかも聞かないしね。

同じプロスポーツ選手でもゴルファーとかすごいよね。
べつに命がけってことはないでしょ。
(別の意味ではかけているだろうけどね。)

そんなことを考えていました。

この記事を書いた人

tegecat

Webや動画の製作、PCに関することを仕事にしています。また、トレイルランニングや野菜づくり、料理なども楽しんでいます。