早いもので今年も半分が終わりました。
あと6ヶ月経つと正月です。
信じられないスピードで毎日が過ぎて行き思ったようには仕事ややりたいことが進んでいきません。
今良く売れている効率的な仕事の本などを良く見かけますが、それを書いた人や読んでいる人って本当に毎日の時間のスピードに追いついているのでしょうか?
コツとかはあると思うけど、書いたことを実践しさえすればうまくいくとは思えないなぁ~。

いやね、今年もいくつか目標を立てたんだけど、何一つ近づいている気がしないんですよね。
それでそういった類の本も何冊か読んで実践もやってみたんだけど、なんか違うような気がしたんですよね。だって理想を書いてその通りになればみんなすごい人ばかりになっちゃうもんねー。

やっぱ本を書く人は、本当のことだけを書いたらつまんないから出版社の人から面白おかしく書いてねと頼まれるだろうし、書く人もやっぱり1冊でも多く売れるほうがいいから面白おかしく書くんじゃないかね?
それを真に受けて読んだ奴が苦労するんだよな。「こんなのウソだー!」とか思っても売れてりゃ本当のことのような気がするもんね。

でもね、その本を書いている奴らや編集者達って夜も寝ずにがんばってんじゃないだろうか?
楽をして本を出して金も受けているとは思えないもの。(中に入るかもしれないけどね)

だからちょっと先の具体的な目標を立てて毎日がんばるしかないんだよ。
仕事を邪魔する横槍が入ってもめげずにね。
あと半年でどれだけ目標に近づけるかね?