病院の情報共有って?いったい?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

母が入院したのですが、その付き添いについていってまぁ、びっくりしました。
地元でも看護体制の整った病院です。

朝、言われた時間に行ってみるとロビーはさながらバスツアーの旅行のようです。
係りの人が旗こそ持ってはいませんでしたが、「はい、○○の受付番号の方こちらですよ~」「はい、今から6階に行くので皆さんついてきてくださいね~」といった具合。マジびびりました。

目的の階についてみると今度は看護婦から病歴や既往症の質問攻め。
あのねぇ~、外来で通っているしそのときにも話したんだけどなぁ。それについ3ヶ月前には入院もしてたんだっつうの!と思っている暇もないまま。言葉だけ丁寧なイラッとする応対で帰ってきました。
「あ~、疲れた」というのが本音です。
医療サービスってなんなんでしょうかね。
あそこだけで軽~く1000人くらいは働いているんですよね。単純に一人30万給料もらっていても月に3億ですか。その金の大半を保険でまかなっているかと思うと、もうちょっとそのお役人体質をどうにかできんもんかねぇ~と思っちゃいますけどね。
そりゃね、医療って大変だとは思いますよ。でも、プロとして働いているんだったらもう少し患者の情報とか調べとけっての!
サービス競争が低いからだろうけど、気持ちの悪い丁寧な言葉より気持ちのこもったサービスをお願いします。

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*