生きている価値って

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

プロフェッショナルの宮崎駿の回を見直した。

病気になった母親の姿を見て、何にもとりえのなく自信を失いながら、「自分は生まれてこなければ良かったのではないか?」と自問しながらも、アニメーションというものに出会い、人を喜ばすことができる喜びと社会の中で自分の居場所を見つけたという。

これだけもの造りに努力している人がこれだけ考えているんだね。
そう考えると世の中の大半の人ってずうずうしい人だらけだね。

カリオストロの城以降、トントン拍子でジブリ時代を築いていったのかと思ったら以外にも食えない時代があったんだね。

ポニョっていいよ。なんだかね~じわじわっってくるよ。また見に行ってもいいかなって思ってる。特に宗介とポニョが船に乗って出て行くときに「宗介、上々だね」っていうシーン。あそこが一番好きだな。

崖の上のポニョって映画は、僕にとって「ただ○○」という映画だと思う。「ただ会いたい」「ただ守りたい」いろんな難しい要因はどうでもいい。ただ○○したい。そのためにひたむきに考え行動し生きていく。それを感じた映画だったな。

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*