個と全体と

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

自分の思いに反して人の思いというものはえてして違うもので、
やはり、人間てものは自分が一番かわいいようにできているものらしい。
そりゃ僕も大なり小なり同じだろうが、責任というものがかかってくると少し事情が変わってくる。

何のために、何をやり遂げるためにそれをやるのか?という課題があるときに、個を第一に考えるのか、全体を考えるのか。

そのキーポイントは、全体に対する個人の責任感何だと思う。
組織の中で若い人たちの末端の考えは誰かが、何とかしてくれる。といったものだと思うが、最近の風潮はある程度の役職の人間であってもこうした考えで責任を逃れているような気がする。

立場も色々あるので、一概に個人を責める訳にはいかないが、それでもやはりうそを言って説明し、責任を他人のかぶせるのは見苦しいものだと思う。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*