言いたいことは言ったほうがいい

先日NTTのあるサービスを利用したところ、僕にはとっても使いづらく理解しにくいサービスで結局2重払いになってしまいました。

そこでしたいことをするにはどうすればよいのかと、お金は返ってこないのかという事と、分かりづらいので説明をしてほしいということを質問しました。

そこで返ってきた返事が以下のもので

※サービス申請における、弊社別サービスの
お申込みについてご誘導及びご案内はいたしておりません。

尚、ご利用中止および途中解約の場合、ご利用料金の返金
および月割り日割り計算による返金はおこなっておりません。

とありました。
まるで間違ったのはあなたでこちらはまったく悪くありません。と言っているようにかんじました。
よくよくサイトを見直してみるとまぁ確かにそうはなっているんですが、
いかんせん判りづらい。

どっちにせよ、サービスは利用せざるを得ないのでお金はあきらめて申し込んだのですが、やっぱり文句のひとつくらい言いたいじゃないですか。
天下のNTTに文句を言ったところで小さなアリが鯨に噛み付いているみたいなもの(実際にも噛み付けないですけどね)。言わなきゃいいでしょうが、どうしても納得がいかず申し込みと同時に文句を書きました。
どうなるってわけじゃないんだけど、かえって書いた後で俺って大人気ないなぁーとか思いつつちょっとへこんでしまいました。

別にこんなこと書くつもりもなかったんだけど、本当のとこは言いたいことは言ったほうがいいんじゃね?ということ。ただ言い方というのに注意して気をつけないといけないということ。
そこのところがちょっと引っかかるんだけどねぇー。
金は返ってこないし文句言ってこっちが凹んでたらアホみたいだよなぁー。

本音言うとね、頭にきているわけ。
もうちょっとしっかりしろよ!クソッタレNTTめ!
また、嫌いになっちゃたじゃねーかー。いつまでも役人根性が抜けねー組織だなぁ。
別に金返せとか言ってねーよ(できればそうしてほしいけどね。)
当社のサイトが分かりづらくご迷惑をおかけしました。今後改善いたします。とかなんどかいえないのかねー。この人たちは。言えねーんだろうな、いいとこ出の僕チンたちばかりじゃ俺みたいなアホは相手じゃないんだろうなぁ。

やっぱりこっちがいい気しない。
辞めた。

書き残しておきたかったのは、
言いたいことはやっぱり言うことが大切。でも言い方にも気をつけないと意味がない。

↑こんなこと言ったって(書いたって)なんの意味もない。
と、いうことと
もうひとつは、けっこうこっちのほうが気づかされたんだけど
まだ心の中で言葉になっていないのでもう少し発酵させてから書くことにする。

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です