So-net ADSLに変更

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

今まで、OCNのADSLを利用していたのですが、

So-net ADSLに変更しました。

事の発端は、お客様にADSLの契約を依頼され
昨年の11月末にネット上で契約したのですが、
その後何の連絡もなく、

今月に入ってサポートに連絡をしたところ、
本人から依頼を受けている者で
以前ネット上で契約をしたが、何の連絡もない。
現状がどのようになっているのか教えてほしい。
その上で
「どのようにすればインターネットが使えるようになるのか教えてほしい」
と伝えると
「ご契約者様本人でないとお知らせすることはできません」
とのこと。

そういわれることはわかったいたので、
本人も隣にいるので、
代わったところ
(本人は72歳←だから依頼されたのですが…)

本人も訳わからず(そりゃそうだよねー)
また電話が戻ってきました。

そこで、もう一度現状がどうなっているのかを尋ねたところ、
やっぱり
「ご契約者様本人でないとお知らせすることはできません」

「それと、OCNからNTTへ回線の依頼はするが
うまくいかなかった場合は、
お客様のほうで直接NTTの方へ手続きを行うようになったいる」
と言われました。

「ふざけるなっ!うまくいかない状態を連絡もせずに、
どうやってNTTに手続きをとればいいんだよっ(心の中)」

携帯からかけていることもあり、
確認のしようもないので、
「このままではそちらも確認のとりようがないので、
どうすれば確認できるのかを教えてほしい」と伝えると

やっぱり
「ご契約様本人でないとお知らせすることはできません」
の一点張り。

アホか!?

その後NTTに連絡したところ
ISDNのナンバープラスの番号で申請していたためと分かりました。

ずいぶんとNTTの方からADSLにしませんか?
光にしませんか?と薦められましたが、

どうしてもNTTの横柄な体質に嫌気が差してしまい

お断りして、自分の回線もプロバイダーだけは変更しました。

これって、感情的な小さな反抗ですけど
NTTグループって民営化してもうずいぶんとたちますけど、
組織体質ってあまり変わっていないんじゃないかと思います。

大きな組織に良く見受けられる
自社の中に目を向けた営業をしているような。

派遣の方も、そういう組織の中で仕事をやっていくと
だんだんとそういう態度になっていくのかなぁー。

契約にかかわることだから、守秘義務というのは理解できます。

しかし、そのとき教えられないんだったら、
次の方法を用意していてほしいと思います。

マニュアルは必要だと思いますが、
「できません」の一点張りだったら
いい気はしませんよ。

「コミュニケーションで広がる、新しい生活」とおっしゃっていますが、
こんな小さな意見も是非コミュニティの中で汲取ってほしいです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*