localで制作したwordpressサイトをレンタルサーバーに移行する

サイト制作環境はもっぱらlocalを使っています。
すごく簡単にWordPressサイトを作ることができるので今はこれ一択です。

それでlocalで作ったサイトをレンタルサーバーに移行することが多くなったので、その備忘録。

まず作業の流れから

  • 新しいドメインの取得とサーバーの設置
  • localサイトで作成したサイトのバックアップ
  • データベースファイルの修正
  • wp-config.phpの修正
  • ファイルのアップロード
  • 移行したサイトの確認

バックアップ

バックアップにはプラグインのBackWpUpを使います。

バックアップの取り方はこちらを参照。

ポイントはsqlファイルの変更と、wp-config.phpの修正です。

SQLファイルの変更

バックアップで書き出したsqlファイルをテキストエディタで開きます。
私はcot Editorを使用しています。

開いたら
http://xxxxx(サイトの名前).local
を検索して新しいサイトのURLに置き換え保存します。

続いて接頭語も検索し任意の接頭語に置き換え保存します。

詳しくは下記ページの2-5に書かれています。

wp-config.phpの修正

sqlファイルを修正したら次にwp-config.phpファイルの修正をします。

wp-config.phpをテキストエディタで開き、

wp-configの修正
wp-config.phpの修正
  • DB_NAME
  • DB_USER
  • DB_PASSWORD
  • DB_HOST

の4箇所をレンタルサーバーの情報に書き換え保存します。

アップロード

レンタルサーバーにファイルをアップロードしていきます。私はFileZillaを使用しているので左にローカルサイトのディレクトリを表示し、右にレンタルサーバーのディレクトリを表示させアップロードします。

次に新規データベースを作成し、phpMyAdminを開きます。
開いたら左ペインのデータベースをクリックし右画面のインポートタブをクリックします。

phpMyAdminのインポートタブ

インポートするファイルから「ファイルを選択」ボタンをクリックしてsqlファイルを選びインポートします。

以上で問題なければ完了です。
既存のサイトをローカルに持ってくる場合は基本的には同様の作業となります。

この記事を書いた人

tegecat

Webや動画の製作、PCに関することを仕事にしています。また、トレイルランニングや野菜づくり、料理なども楽しんでいます。