一万時間の法則は嘘じゃないと思ってもう一回やってみよう!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る
千里の山も一歩から

コロナ禍でわかったことがいくつかあります。
その一つが「何かができるようになるためには、絶対的な時間が必要」だということ。

1万時間の法則ってご存知ですか?
どんなことでも10000時間継続してやるとその世界で一流として通用するというもの。一流として通用という部分にはいささか疑問が残りますが、その世界ではそこそこに飯は食っていけると思う。

この10000時間をどうやって何に費やすかですが、やはり最短で近道があるのなら合理的な方法を取りたくなります。どうすれば無駄がないのか?どうすれば合理的なのか今ならネットで誰かの成功体験や一般的なトレーニング等、簡単に調べることが可能です。

しかし、そこばかり注力してもいちばん大切なことは、継続して自ら考え行動し続けること。逆に合理的な方法ばかりに考えを置きすぎてしまうと、行動量が少なくなってしまいます。

これまで約15年、中途半端にWebに関する仕事を続けてきましたが、今ひとつ結果を残せておらず、なんだかモヤモヤしていました。
Webやインターネットのことは好きだけれど、本当は才能がないんじゃないか?もう、無駄だから止めて他のことをしたほうがいいんじゃないか?と思ったこともありますが、せっかくこれまで続けてきたことだし、ゼロから何かを始めるには人生の残り時間を考えると得策じゃない。
ですので、余計なことは考えずにお客様の成果が上がるための製作をやり続けることを決意しました。

正直「何をいまさら!」という感は否めませんが、これがコロナ禍の中私の出した結論です。
好きなことに自分の時間をめちゃくちゃかけてやり続ける。
決して諦めない!
その先に何が待っているのかなんて考えない。

そう思ってこの12月から挑戦しようと思います。
目標はWebサイトを活用した農業関係者向けの情報発信のお手伝いをすること。

そのための様々なツールの使い方や活用方法をアドバイスできるようにならないと。いきなりやろうとするとすぐに「今からこんな事やっていても無理だ!意味がない」って思ってしまうので、少し先の未来を見つめながらやっていきます。

大丈夫!これだけ続けてこられたのは間違いなくこの分野のことが好きだからということ。そして好きというのはそれだけで才能があるということだと信じているから。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*