クリーンインストールしたあとのWindows7 SP-1でWindows Updateができないとき

windows_update

Windows7をクリーンインストールした後、
Windows Updateができなかったのでその時の備忘録。

エラーコード8007000E

が出て何度やってもアップデートできない。

クリーンインストールしたあとのWindows7 SP-1などでよくあるんだと。

で、いろいろ調べて下記のリンクからパッチを当てたら一発でアップデートできるようになりました。

Windows 7 と Windows Server 2008 R2 の Windows Update クライアント

リンク元

【備忘録】【Windows7】Windows Updateで「8007000e エラー」が出てアップデートできない場合の対処法

ありがとうございました。

それにしてもリカバリーして、
Windows Update出来なくなるってどうなん?
まっ、そろそろWindows7も使われなくなるだろうから、
いいんだけど。

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です