運鈍根っていいね

やなせたかしさんの運鈍根

この間の日曜日いつも聴いているラジオ番組、
fmosaka.net~Keep on Smiling」の朗読コーナーで良いことを言っていました。

やなせたかしさんの本「何のために生まれてきたの? 希望のありか」の中から
第7章の「人生は『運・鈍・根』」を朗読しました。

内容はこのサイトに書いてあります。

これ聞いていてオレがこれから出来る事って、
これしかないよなぁ〜って思いました。
今、大したことのないオレができる唯一の方法、
それは続けること。
まだまだ、諦めてなんかいないよ。
やりたいことは少しずつ形を変えてはいるけれど、
変化というよりもより精度が高まっている感じかな?
今まで何度も何度もブログで書いてきたけれど、
最後までやり続けた奴にしかチャンスは回ってこないんだ。
だからできるまで諦めないよ。

あるバレエの評論家が、「やなせさん、私はこの頃仕事がすっかりなくなって、いったいどうすればいいでしょう」って聞いてきた。僕は「それはねえ、あなたにとって、とてもいいんじゃないですか。いま、時間がたくさんあるでしょう。この空いている時間を利用して、バレエについての研究をしなさい。それを一生懸命やればいいんですよ」と言ったんです。

それから2年くらい経って、その人に会ったんです。「やなせさん、ありがとうございました。じつは言われた通り、私は仕事じゃなしに、やり残していたバレエの研究を始めたんです」って言うの。すると、その研究をやっているうちに、仕事がどんどんくるようになったって。そういうもんなんですね。つまり、やっている人のところには、なぜかくるんだ。何もしてない人のところにはきません。

https://shuchi.php.co.jp/article/1339?p=1

何のために生まれてきたの? 希望のありか (100年インタビュー)
https://amzn.to/4cAThW7

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

パソコンとネットの何でも屋さん兼農家見習い中
2021年に奥さんに腎移植して人生の価値観が大きく変わりました
何が起きても諦めずに生き抜く力が一番大切
時々ブログも書いてます

目次