ジョブズっておもしろいね

BS日テレで毎週月曜日 23:00-23:54に放送されている、
TOKYO DESIGNERS WEEK.tv」が面白いです。

今週のゲストである前アップルジャパン社長、
山元賢治さんのインタビューが興味深かったです。
山元さんがスティーブ・ジョブズから、
アップルジャパン社長にヘッドハンティングされたとき、
山元さんがジョブズに、
「私に何を求めますか?」と質問したそうです。
「利益を出すことですか?」
「シェアを伸ばすことですか?」
というようなことを聞いた時、
「日本を元気にしてくれ」と言われたそうです。

スティーブ・ジョブズっていう人は、
ジョン・スカリーの時もそうですが、
実にドラマティックな言葉を残す人ですね。

で、そのエピソードを聞いた時に思ったのですが、
どうしてジョブズは山元さんを選んだのだろうか?
ということを思いました。

ヘッドハンティング会社がアップルジャパン社長に進める人材ですから、
すばらしい能力の持ち主の方ばかりだと思います。
その優れた人材のプロファイルシートの中から、
どうして山元さんだったのだろうか?
ということを感じました。

「直感?」
プロファイルシートだけを見て判断できるものだろうか?
そこに強く興味を持ちました。
一緒に仕事をする仲間を選ぶのって、
規模の大小にかかわらずとても大切な選択です。
その人の人となりって、
だんだんわかってくる事もあるだろうし、
会ってすぐに自分と合うと思うこともあるでしょう。
(アップルみたいな大きな会社になると、会社の文化にあうかどうかとかもあるでしょうね。)

人を見る目を養うのって難しいです。
ジョブズって人を見る天才?
失敗もいっぱいしてて、
すご〜く自分にとって敵か味方かの感覚が研ぎ澄まされちゃった?
のかもしれないけど、
あこがれの人にそんなこと言われちゃったら、
もう、行かざるを得ないよね。

あとエピソードで面白かったのが、
東京国際フォーラムでiTunes Storeの立ち上げの時のイベントの
リハの事が紹介されていましたが、
ものすご〜く念入りにリハをするんですって。
カリスマ的なジョブズのスピーチって、
ロックスターみたいな感じなんだ〜って思っちゃった。
でね、綿密な計算で動く人なんでしょうね、ジョブズって。
だから感覚だけでパッパやっている感じだけじゃないってことなんでしょうね。
なんかまとまりなくなっちゃってきたけど。
話聞いていてジョブズのことどうって思っていなかったけど、
面白い人ですね。やっぱり。
あ〜、やっぱりまとまんなかった。

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です