僕の起業のお母さんみたいな本

毎年年末に読む本があります。
それがこれ。

これ僕が起業した時の拠り所とした本で、
今でもきっかけがあればページをめくっています。

何度読み返しても刺激的な言葉が散りばめられていて、
「いま仕事が流行っている」「イニシアチブは自分」「多忙は怠惰の隠れ蓑」などなど。

今まで何度もこれらの言葉にすがってやって来ました。
残念ながら僕の場合は糸井重里さんみたいに、
大きな売上を作ることができていませんが、
まぁ、それはおいおいとしておきます(笑)

別に笑うところでもないですけどね。
でも自分で仕事をやる価値ってお金だけでもないと思ってさ。
それは自分で学んだことだから、
別にどうこう言われても関係ないです。

そもそも僕はサラリーマンになる才能が無いから、
自営業やっているわけで、
金だけだったらネクタイでもして、
作業着でも来てなんかやっていたほうがずっと稼げるわけで。

でも、自分でこうやったほうが面白そうとか、
こっちのほうが便利とか役に立つとか
思ったやり方がしたかったから、
今のスタイルで面白いし、面白い人とも出会えるし結構ハッピーにやっています。

まだまだ道半ばだけれど、
なんかこれからも面白そうなことってありそうだと思えるのは、
やっぱ、幸せなんだろうな。

この本に出会えてよかったよ。
この本はうちの会社のお母さんみたいなもんだね。

この記事を書いた人

tegecat

Webや動画の製作、PCに関することを仕事にしています。また、トレイルランニングや野菜づくり、料理なども楽しんでいます。