道路を歩いていて自転車に乗っている人から恐怖を感じたことや、
イラッとしたことはありませんか?
また逆に自転車に乗っていてイラッとしたことはありませんか?
そう立場が変わればってやつで、
同じ人間が全く違った立場で真逆のことを感じたり、
考えたりします。

今日は考えの話じゃなくって自転車のお話。
ホント、危ないなぁ~と思うこと多いですよね。
乗っていても歩いていても。
そろそろ本格的に車と自転車と歩行者を分けて、
法律や道路や街を設計してもいいのになぁ~と思うんですけど。
もうやっているんでしょうけどね、
なんだかスピード感が足りない。

そうスピード感なんですよね。
自転車が一番道路と合っていないのは、
最低限のスピードと合っていないんですよね。
車道を走れば最低でも原チャリと同じ30キロくらいは出ないと安全に走れないし、
(30キロでも安全じゃないと思うけど。)
歩道だと自転車みたいにスピードが出ちゃうと、
歩行者とはうまく共存できない。

自転車いい乗り物ですよね。
手軽だしエコだし健康にもいいし。
でも残念ながらルールと走る場所がないんですよね。

ルールと教育と場所。
迷惑をかける行為を罰するばかりでは問題は解決しないと思います。