逆の発想で考える

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

何かに行き詰まった時、
視点やレイヤーを変えることの重要性は以前から書いていますが、
本当にそうなんですよね~。
こういう事って経験だけじゃなくって、
ある程度訓練していないとなかなかすぐにはできないものです。

昨日今年もあと2ヶ月と書きましたが、
今年あることがあって今の生活を変えざるをえなくなりました。
今から来年の話をしても鬼が笑っちゃうことでしょうけど、
どうせ笑われるくらいなら、
思いっきり笑ってもらえばいいかなと(笑)。

仕事の方向として今までは
「大きく」「多数」「アップ」とかいうように、
なんでも大きくなる方向にしか考えて来ませんでした。
しかしそういうやり方ばかりじゃないんじゃないかと思う今日この頃です。

真逆の考え方で
「必要最低限」「できるだけ少人数でできること」
「無駄なことをしない」「必要以外のものには手を出さない」
というやり方で誰かとハッピーになる仕事を作ってみたい。

そのためには今かかっている必要経費を削って、
仕事をある程度断って、
かかる金と収入と使える時間とのバランスを
取ることを考えなければいけません。

まだ今は準備段階中ですが、
環境を変えて物の見方や価値観を変化させていけば、
まだおもしろいことはできそうな気がします。

そんな事言ったって、
お金がないと生活できないよ。
という人がいると思いますが、
じゃあ、どれくらいお金って必要なのでしょうか?
別にきれいな家に住みたいわけじゃないですし、
大きな車に乗りたいわけでもありません。
将来の不安のために貯蓄はある程度必要かもしれませんが、
生活だけならそんなに必要なのかな?
住むところを変える勇気があれば、
安い金で生活できると思うのです。

映画「マトリックス」のワンシーンのように、
今の現実が実は作られたものだとしたら、
どうします?
自分が生きている世界のすぐ横に、
違った自分の人生があるとしたら。
少し足を外して隣の世界を見ると、
不思議な気分になりそうです。
もし自分が真実だと信じていた社会が、
実は誰かから操作されていくつも作られていたとしたら、
今信じている価値観って揺らぎそうです。

自分が信じていたことが本当はそうじゃなかったとしたら、
生き方そのものも変わりそうです。
何がいいのか、何が人にできることなのか、
自分で判断できるように考える生活をしたいものです。

SNSでもご購読できます。

コメント

  1. c-chan311 より:

    そうですね♪
    詰まった時の発想の転換は大事だと思います。
    職種は違いますが、根本は同じだと頷けます(^^)
    Tegecatさんのブログの言葉にいつも元気をもらっています。
    先日の「生きること」…も
    賛同します(^o^)
    私は生きることの大事さを伝えていきたいです。

  2. tegecat より:

    c-chan311さんありがとうございます。
    イラッとしているときに発想を変えたり、
    物事を良いように考えるのって難しいですよね。
    やっぱりへこんだり落ち込んだりしますもん。
    でもちょっと間を置くと良い時もあります。
    短気は損気ってホントですね。

コメントを残す

*