グレイトアーティスト・マイケルジャククソン

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

マイケルジャククソンのBad-25th Anniversaryが発売され、
ラジオでもよくマイケルの曲がかかっています。

BAD25周年記念デラックス・エディション(完全生産限定盤)(DVD付)

BAD25周年記念デラックス・エディション(完全生産限定盤)(DVD付)

マイケルジャククソンの曲で一番好きなのはブラック・オア・ホワイトです。
曲もPVも大好きです。
で、急に見たくなって、
YouTubeで検索をかけたらコンプリートバージョンというブイが上がっているのでそれを見てみると、
最後のモーフィングのシーンの続きが。

そこからは前半部分のポップな感じとは真反対のシリアスなシーンがありました。
音楽も何もなくマイケルが破壊し怒りをあらわにして、
表現するダンスシーンは圧巻でした。


D

で調べてみると
破壊している部分に書かれている言葉は人種差別のものでした。
マイケルの表現者としても激しさを感じました。
一見華やかな世界で生きてきたような印象ですが、
反面、差別や偏見と闘いながら孤独な人生を歩んでいたのでしょうか。
死んでからなのですが、
またマイケルジャククソンが好きになりました。
我々は素晴らしいアーティストを失ってしまったんですね。
もし見たことのない方がいらっしゃったら、
ぜひ一度御覧ください。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*