Delayed Write Falied ウイルスかかる

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

仕事でウイルスにかかったお客様にお会いすると、
Windows updateしないといけませんよ。
とか、
ウイルスソフトちゃんと入れないといけませんよとか
言っていたのに、
いやぁ~自分がかかってしまいました。

決していかがわしいサイトを見ていたわけじゃなく、
ホントに調べ物をしていただけなんですけどね(‘A`)

そのサイトをみて調べ物をしていたら、
急に入れているウイルスソフトがアラートを出して
次に
「windows delayed write failed」って出たかと思ったら、
バァ~ってアラートウインドウがでちゃいました。
今まで信頼していたウイルスソフトを入れていたので、
最初アラートが出たときは、
「おっ、引っ掛けた」くらいに思っていたのが、
どうにもならない状態に。
再起動するとデスクトップ上のショートカットやデータが全部消えていました。
ソフトなんかもあるのですが、
ショートカット類が消えているようでかなり焦ってしまいました。
実は先日とった撮影データが個々にしか残っておらず
内心ドキドキ。
サイトで調べてみるとトロイの木馬であることが判明。
変なサイトを見ていなくても、
ウイルスソフトをいれてWindowsUpdateかけていても、
完全じゃないんだなぁ~。
勉強になりました。

結局以下のサイトの通り、
セーフモードで起動し、
システムの復元でウイルスにかかった前に戻し、
念のためWindows Update→
ウイルスソフトのアップデート→
システムチェックで終了。

画像とっておきたかったけれど焦っていたのでとれておりません(^_^;)

調べて回避したのはこの2つのサイト。
「緊急」 Windows – Delayed Write Failed と、言うエラーが連続で出… – Yahoo!知恵袋
404 Not Found | このページは存在しないか、すでに削除されています
ありがとうございました。

私の経験も少しですが誰かのお役に立てますように。

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*