忘れようにも忘れられない

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

忘年会シーズン真っ盛りですね。
私たちも忘年会はやるのですが、
夫婦でやっている小さな商売なので、
忘年会と言っても自称「二人忘年会」になってしまいます。
しかも妻は飲めないので、
事実上一人忘年会になってしまいますが‥。
しかも忘年会に限らず、
毎度忘れすぎちゃって困るんですけどね(;´∀`)

しかし今年はお誘いが数件あり、
どうやら二人忘年会ともお別れ出来そうです。

しかし今年は忘れようにも忘れられない年になってしまいました。
そういうときは「今年は忘れないぞ会」という意味で、
否忘会とでも言いましょうか(・∀・)

そんなに忘れようとしなくても、
次第と忘れてしまうものなのかもしれないけれど、
忘れないと前に進めない時もありますしね。

福島原発近くの立ち入り禁止地域は、
最短でもあと30年は規制が解けないのだそうです。

その話を聞いて思ったのですが、
「あと30年経つと俺もう70代なんだな」ということです。
その思いが今までになくリアルだったので
ちょっとビビっちゃいました。
70代なんて今まで遠い先の話のことと、
のんきなことを考えていたんですよね。
でもよくよく考えてみなくても現実はすぐそこ。
気がつけば70代は手の届くところまで来ちゃった。

いやぁ~これには参っちゃいました。
来年、いや書いている今からしっかりやんなきゃって思っちゃいます。
時間は無限じゃなくいつか終わりが来るもの。
それは曲げ用のない事実です。
しかもいつまであるのかは誰にもわからない。
生きているうちにピリオドを知ってしまうかもしれないし、
寝ていたらそのまま目が覚めなかったなんていう人もいます。

「何をやったらそうなる」「何をやらなかったからそうならない」
なんていうのはなんの意味もないことのような気がして。

とにかく自分らしくできることを、
順番にしっかりやっていこうとさらに思い直しました。

今立入禁止エリアになっている所に住んでいた人たちが、
記憶が残っているうちに、
できるだけ多くの人がまた戻れるようになればいいな。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

コメント

  1. dachan12 より:

    阪神大震災の時には小学生で、被害の甚大さがどこか上の空で実感はなかったのですが、今年は津波を画面いっぱい見、原発事故の建屋爆発の瞬間映像とか、ショッキングなことがより心に迫ってきた年でした。
    とはいえ、実際に被害にあわれた方のお気持ちやご苦労など、想像することすら傲慢で申し訳なく思え…色々と考えた一年でした。
    忘年会、美味しい料理とお酒で、忘れないけど忘年会でd(^_^o)楽しみですね。

  2. tegecat より:

    ありがとうございます。
    昨日早速1回目の忘年会でした。
    そこでもやはり3.11の話題は登りました。
    3.11と忘年会。
    来年に向けて一歩を踏み出すための忘年会と思えば、
    いいわけだ!
    というわけで明日2回目の忘年会です(笑)
    やっぱり忘れすぎやな(^_^;)

コメントを残す

*