重陽の節句

今日、9月9日は重陽の節句だとご存知ですか?
私も知らなかったのですが、中国から伝わったようです。
中国の陰陽思想では奇数は陽の数なんだそうです。
その中でも一番大きな数である9が重なる日ということから、「重陽」と呼ぶのだそうです。
そして日本に伝わり旧暦の9月9日に菊の花を浮かべた菊花酒を飲んだり、菊の花を愛でたりして、長寿や一族の繁栄を祈ったのだそうです。
もともと中国で菊は、邪気をはらい長生きする花として信じられてきたのだそうです。
月下に照らされてなんとも風流ですね。

今まで知らなかったのにどうしてこんなことを書くかというと、あるお客様から教えていただいたからなんです。
それを機会にいろいろと調べてみたわけです。
いや面白かったですよ。
菊なんか葬式花くらいにしか思っていませんでしたもの。
邪気を払う意味があるなんて知りませんでした。
お墓にお供えするのもお清めの意味からなのかもしれませんね。

いや、勉強になりました。
で、今夜は菊花酒でも飲みながら過ごしたかというととんでもない。
今日もしっかりと残業でした。

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です