続・人が喜ぶもの

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

先日書いた話
はてなダイアリー

に通ずるんだけど、
昨日も似たような話をある方から教わりました。

「サービスを利用する人が、使いやすく儲かる仕組みを作らないとね」って。

当たり前のことなんですが、
その方は、FAXを使った商売をされているのですが、
ネットでの商売は、あまり興味がないとおっしゃります。
「利用者が伝えたいことを一から書くというのは結構苦痛」だと。
「ネットサービスを提供する人に共通するものは、
すべてをシステムで完結しようとするところだ」ともおっしゃりました。

あ~、それ結構当たってるかも。

「見せる部分とやり取りをする部分、
商品を納める部分とそれぞれに利用者に使い勝手の良いシステムを目指さないと、
とてもじゃないが、大手には勝てないよ」っておっしゃられました。

ネットサービスを提供している会社の中で、
電話番号を記載していなくてメールのみってところ結構あるもんね。

使いやすくないと続かないし、
続かないと意味がないし、
値段だけだったら大手にはかなわないし、
人がしないことをやらんと生き残れないよね。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*