「カネ」の話

最近読んだ本。

この世でいちばん大事な「カネ」の話 (よりみちパン!セ)

この世でいちばん大事な「カネ」の話 (よりみちパン!セ)

先日テレビで西原理恵子という人をしりました。
それまではマンガも読むことなく、流行の素人っぽい絵で体験記などを書く人ぐらいの認識でした。
しかしテレビを見てからこの人にものすごく興味を持ってしまいました。

本の内容は「カネ」とありますが、金だけの話じゃありません。
自分の生い立ちや今の仕事を始めるまでの背景。
それを通じて培った金の価値観、人生観。

読みやすくって面白かったです。
なんだか最近本よめなかったんですけど、これすんなり読めました。
読んだからどうしろとかそういうのは思っていませんけど、カネっていう視点から仕事や生き方を見るって当たり前のように思っていたんですけどそうでもないみたい。
仕事から金をみることはあっても、カネから仕事を見るって卑しいとか思っちゃいそうだもんね。
自分の生き方の中じゃこの問題は過ぎたことだけど、そりゃそうだよな~と思うことが多かったです。
いいですよこの本。

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です