昨日の今日のダーリン

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

妻から読んでみ。
と、言われて

・機嫌よくいつもいたいなぁ、と思うのです。
 できることならば、どういういやなことがあっても、
 機嫌よくいたいものです。
 機嫌がいいときというのは、ものがよく見えます。
 機嫌のいいときというのは、音がよく聞こえます。

 で、じぶんが機嫌よくいたいのも、そうですが、
 他の人が機嫌いいのも、とてもいいなぁと思います。
 機嫌のいい人のところに、ぼくは引き寄せられます。
 機嫌のいい人のそばにいると、
 なにかいいことが起こりそうな気がするんです。
 
 そんなふうなことは、理屈で説明しにくいのです。
 機嫌のいい悪い人がいたとしたら、どうするんだとか、
 不機嫌な正義の味方を、どう考えるとか‥‥。
 じぶんでも、よくわかっちゃいないことが多いですが、
 機嫌というものが、ぼくにとってはとても大事です。
 なんなんでしょうねぇ、それ。
 
 「悲しみのわかる、機嫌のいい人」というのは、
 ぼくの理想的な人間像かもしれません。
 「機嫌よく百年生きたい」というのは、
 ぼくの最大の夢かもしれません。
 
 うちの犬は、いつもかなり機嫌がいいですよ。
 だから、大好きなのかもしれませんね。

身につまされました。
そのとおりだと思う。

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*