環境問題

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

今サミットで環境問題のことが議題になっている。
地球が温暖化でこれから、このまま行くと今よりも悪くなるってことぐらいは判る。
自分も無駄なことは嫌いだし、できることは無駄をなくそうと心がけている。

しかしだ、最近の風評は環境問題とエコロジーと国際間の経済問題やもろ政治が絡んでいるようでエコイコールいい人、いい国みたいな気がしない。
なんとなく、新しい価値や市場を生み出すために二酸化炭素の排出量の規制や原油の高騰の問題、バイオエネルギーなどごっちゃにしているように思う。

今現在地球の温室効果の問題やその原因をきちんと説明できるのだろうか?
その原因に対して二酸化炭素はどれくらいの要因なのだろうか?

ただただ風評に流されていては、本当にやるべき効果的な対策はできないのじゃないか?
われわれは、近代国家で生活をしていてもはや電気、水道、自動車、通信など文明の力なくしては生活が成り立たない。
そんな中、「電気自動車だからエコです。」とか原発は二酸化炭素を排出しませんとか、言葉だけがエコになっているように思う。
電気だって、車だってなくなっては生活が成り立たないのだから、それらを無駄のないように使う方法や意識が大切なんだよね。
全部なくしてそれがエコみたいなコメントや、よそから排出権を買っているからオッケー見たいな考え方は違うと思うんだよね。
エコだから、省エネ家電に買い換えましょう。なんていうのもねぇ~。なんとなく違うような気がする。わけもなくみんながエコだからといってそっちのほうへ行っちゃうのが今なんだろうね。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*