熊本白浜でいちごの取材

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

昨日は熊本県の白浜でいちごの取材でした。

とってもよい天気で気持ちがよかったです。

f:id:tegecat:20080311143319j:image

地元の方たちも最初は照れていましたが、
協力的で楽しい取材となりました。

毎回このような取材をして感じることですが、生産者の方たちの中でも将来に対する危機意識に差があるということを感じます。
商品の品質は良いのに、市場価格はどんどん下がっている現状の今、個人や組合でブランド力を向上させるだけの取り組みをしているところとしていないところの差が、つき始めています。

今までのやり方でいいものだけを作っておりさえすれば、あとは、農協や経済連や市場が高く売ってくれるという時代はもう終わったと思います。
確かに同じいちごでも需要時期が高まるときに、確実に供給できれば良いのでしょうが、それ以外にもトレーサビリティー等の食の安全に関する情報の開示等まだまだできることってあるように感じます。

どういうやり方が正しくて、間違っているかはやってみないと判りませんが
これからもこういう取材を通して関わっていきたいと感じた一日でした。

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*