人の困っていることがわかる優しさが仕事になるといいとおもう

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

今年で独立して14年目を迎えます。

14年前只々仕事が嫌で逃げるようにして仕事を辞め独立しました。
だから何がしたくてどうやってお金を稼いでいけばよいかわからずに苦労しました。これまで続けてこれたのは、関わったお客様や家族に恵まれたからだと感謝していているし、本当に運が良かったのだと思います。

独立したことによって得たものもたくさんありました。しかし失敗もしたし、失ったものもたくさんあります。これが経験というものなのでしょう。

昔よりかは幾分マシになりましたが、当時はお金の流れも全くわからなかったし、自分の考えをまとめることが殆どできずに感情だけ動いていました。それでも夢は上場したいだなんて本気で思っていたのだから笑ってしまいます。
恥ずかしい話ですが、一度現金がショートしそうになって仕事を止めようかと思ったあたりから、考えや行動が変わってきました。

結局自分で苦労してやってみないとわからないタチみたいです。

しかしその経験があったからこそ、今は何をやるべきなのか。
続けていくことがどれだけ大切なことなのかを、理解することができました。

続けること。

自分を責めないこと。

自分に必要なものの量を知っておくこと。

調べてから行動すること。

入ってくるものより出ていくものを少なくすること。

ラクをしないこと。

頭の良い悪いのせいにしない。時間がかかっても本気でやればきっとできるようになる。

これらは言葉にすればアタリマエのことばかりですが、14年自分で経営をやってみてわかったことです。

おそらくこれからまだまだ厳しい世の中になっていくでしょう。

私達のような小さな存在ではすぐに潰れてしまいそうです。
しかし嫋やかに強かに変化しながら、自ら考え行動し生きていかなければなりません。
できれば自ら考えることが誰かが困っていることを助けてあげられることになればいいです。それが仕事になればいい。
そんな仕事を目指していきたいと思っています。

お金は嫌いじゃないけど(笑)使う目的が決まってなかったら、夫婦で暮らす分だけでいいです。勝ちとか負けとかも何のためにが分かってなかったらどうでもいいです。
誰かのためにを続けること。
それをずっと続けられる環境をつくること。
それを目指して今日1日という日を大切にこれからも頑張ります。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*